ニートステーション・006

広告

このエントリは「ニートステーション・005」のコメントへのコメントです。

かくゆう、私も情報系の学生なのですがITには見切りをつけメーカーの開発職で内定を頂いています

何はともあれ、おめでとうございます。ぜひご活躍になって下さい。

トヨタ系部品メーカーD社のエンジニアの方と話したところ、車載LSIなど電子化はますます進んでおりEUCの部門の採用は電子工学専攻の学生が一番多いですが、情報工学の学生も少なからずいるようです(ただし、入社後に電気の勉強は独学してもらうよ。とも)。
デジタル回路設計のVHDLなどは回路設計というよりも、もはやソフトウェアに近いですし入社後にデジタル回路設計からアナログ回路設計に移る事も可能だと思います。新日本無線さんによると応用物理や情報からアナログ回路に移っているいる人も結構いるようです。
また、ファナックなどのロボの制御屋という道もあると思います。いずれにせよ。専門には拘りすぎない方が良いですよ。

いや、こだわってはいないんですよ。ばいおもそうですが、私も軽く100社は落ちています。別にIT系ばかり受けているわけでもないです。トヨタも落ちましたし。現代社会でコンピュータと無縁の企業なんてのはまずないので、どこへ行ってもつぶしの利くスキルを持っていると思っております。

最近のデジタルの基板は面白い模様が描いてありますが、これは周波数が高くなると単なる導線もキャパシタとしての性質を持っちゃうとか、昔のアナログ時代とは違うややこしい問題があることに起因します。そうすると、人間が名人芸で線を引くよりも、コンピュータが最適なラインを計算した方がいいとか、面白い時代になっています。

CPUもRISC CPUブームも去ったようですね。RISC CPUは通常ハードワイヤードで設計しますが、それが挫折した格好です。今のCPUはほとんどマイクロプログラミングで成り立っていたり。

とすると、ご指摘のように私のようなソフトウェア屋の分野はどんどん広がっているので、色々なところを受けられるチャンスがあります。しかし、どこも採ってくれなんだorz

今後は自動車が熱いかも知れませんね。同じ研究室の人がトヨタを勧めてくれましたが、まるでダメでした。ECUなんかは組み込みなので、これは高い技術が要りそうです。もともとリソースが貧弱な上に、環境が過酷で30秒に1回くらいシステムがダウンするとかしないとか。そんな環境でプログラムを書ける人はそう多くないんじゃないかな。

カーナビみたいなアプリケーションもありますね。こっちはだんだんリッチになっていきますので、富豪的プログラミング(死語)もできそう。どうでもいいけど、アメリカのカーナビって安っぽいんですが、どういうわけか安っぽいカーナビがこれからブームになるらしいんですよ。日本のメーカーは高機能なナビばかり開発してきたので、今から安いカーナビもどきの開発に人員を振り分けるとか。こっちでも需要はありそうですね。

日本のITはITゼネコンを頂点とする多重構造になっており、上流は技術力を求めてませんし下流はろくな人材が集まりません。この辺は、オナニートさんもご存知だと思います。

ITゼネコンはだめですねー。人月によるコストの見積もりは問題だらけだし、あと高いですよね。ちょっとしたシステムを発注すると億の単位です。オマケに実際に開発しているのが下請け、孫請けで、文学部卒とかコンピュータの非専門家が体力で書いているコードを動かしているとか。実際にそういう業界で働いている人から断片的にコード見せて貰いますけど、あれで東証のシステムとか動いているって、一種のホラーですよね。

営業力があれば1ヶ月500万円で引き受けるよって言えば需要あるかもーなんて思いますけど、オナカンなんかに依頼が来るとも思えないです・・・

なにはともあれ、がんばります。

2 件のコメント

  • オナニートさん、こんばんは!
    以前お書きになっていた明治安田生命の暗部についてお願いします!
    (友人の身内が内定しております)^^;

  • >営業力があれば1ヶ月500万円で引き受けるよって言えば需要あるかもーなんて思いますけど、オナカンなんかに依頼が来るとも思えないです・・・
    ITゼネコンが客を囲い込んでいますからね。これはリスク分策の側面も持つようですが。
    仮にITでのし上がるならコンテンツしかないでしょうね
    楽天、mixi、カカクコム、ドワンゴ。ここのところ成功したIT企業はSIではなくコンテンツ会社ばかりです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください