Ruby基礎(没原稿)

広告

「すべての人がプログラミングを学ぶべき」—米MIT教授が三鷹市の小学生に伝授』なんて話があったけど、プログラミングはすべての人が知っておいた方がいい基礎知識だと思う。特にニートなんて暇で稼ぐ手段がないのだから会得しておくと便利だろう。

と思って書いていたのだけど、どの知識を既知とするかが難しい。「変数って何?」とか『「a = a + 1」って「0 = 1」になるよ(?ω?)』みたいな疑問に答えるところから始めようとすると、どんどん膨らんでしまって収拾がつかなくなる。

プログラミング本は”Hello World”みたいな無味乾燥なものよりも、使っていて役に立つものを作った方がモチベーションを保ちやすいと思う。そのために必要なことだけを書いた方がいいかも知れない。

以下、没原稿。

計算

演算子

演算子 機能 結果 補足
+ 足す 1+1 2
引く 3-2 1
* かける 3*2 6
/ 割る 10/2 5
% 余りを求める 10%3 1 10を3で割った余りは1
= 代入 a=0 aは0
= 代入 a=”ABC” aは”ABC”
+= 足して代入 a+=2 aに2を足す a=a+2と同じ
-= 引いて代入 a-=2 aから2を引く a=a-2と同じ
*= かけて代入 a*=2 aに2をかける a=a*2と同じ
/= 割って代入 a/=2 aを2で割る a=a/2と同じ

irb(interactive ruby)

Rubyがインストールされている環境でirbを起動するとrubyの式を標準入力から簡単に入力/実行できる。

irb(main):001:0> a=10
=> 10

irb(main):002:0> a+=2
=> 12

irb(main):003:0> a-=8
=> 4

irb(main):004:0> a*=4
=> 16

irb(main):005:0> a/=2
=> 8

irb(main):006:0> a%=3
=> 2

表示

puts

puts "taco" #改行つき

print

print "taco" #改行なし

p

p "taco" #改行つき

広告