Macってノルマンコンクエスト下のフランス語みたいな感じ

広告

あの頃は上流階級はイギリスでもフランス語を喋っていたらしい。庶民は英語。その影響もあって英語の少ししゃれた言葉はフランス語由来であることが多い。

東大とハーバードの大きな差
日米のトップ大学はどこが違うのか?(5)

このような環境でたぶんフェイスブックが生まれたのだろう。スティーブ・ジョブズも、こういう感覚の中でセンスが磨かれたに違いない。余談だが、キャンプに参加した大学生のパソコンは全員がマックだった。

東大でもMac率はとても高い。ミーティングの種類にもよるけど、Macばっかりというグループがあるにはある。別にApple信者というわけでもなく、合理的に選んだらそうなった。少し前からだけど、MacはUNIXをベースにして優れたGUIがついているので、Cygwinを入れてあれこれするWindowsよりもプログラマに好まれる傾向があった。もっと前からの傾向だと金持ちとか高学歴な人はMacが好きな人が多かった。Windowsは事務用のパソコンで、Macは学者とか医者とかデザイナーが好むという棲み分けだった。

ここ数年の傾向で言うとiPhoneが飛ぶように売れてAppleの黒字が膨大に膨れあがったころから製品の品質がかなり高まったと思う。2006年に買ったMacBook Proと比べて、その後のモデルチェンジ、そして最近のMacBook AirやMacBook Pro Retinaの品質はかなりよくなっている。つまり、数年前まではUNIXでMS OfficeやPhotoshopを使いたい人はMacがベストというのに過ぎなかったのが、最近では同じ値段(例えば20万円)を出して手に入るハードウェアの品質が他社製よりもだいぶよくなった。もっと言えば、Windowsを使いたい人もMacを買ってBootCampするのがベストではないかと思う。ドライバの類がまだ洗練されていないのか、Macで使うときほどは使い勝手がよくないけれど。

一方リクナビでは

https://twitter.com/octo_en/statuses/274508088013377537

F5キーを押して更新というのは、リクナビを作った側はWindows環境しか意識していないのかな。