「成功者の足を引っ張るな」は何も間違っていない

広告

タイトルの編集に悪意があるけど、言っていることは何も間違っていない。

竹中平蔵 「若者には貧しくなる自由がある。貧しさをエンジョイしたらいい」

私が、若い人に1つだけ言いたいのは、「みなさんには貧しくなる自由がある」ということだ。「何もしたくないなら、何もしなくて大いに結構。その代わりに貧しくなるので、貧しさをエンジョイしたらいい。ただ1つだけ、そのときに頑張って成功した人の足を引っ張るな」と。

以前、BS朝日のテレビ番組に出演して、堺屋太一さんや鳥越俊太郎さんと一緒に、「もっと若い人たちにリスクを取ってほしい」という話をしたら、若者から文句が出てきたので、そのときにも「君たちには貧しくなる自由がある」という話をした。
http://toyokeizai.net/articles/-/11927?page=2

タイトルだけ見ると「は?何言っているのこいつ?」となるかも知れないけど、総じて間違ってはいないと思う。

  1. 何もしたくないなら、何もしなくて大いに結構
  2. その代わりに貧しくなる
  3. ただ1つだけ、そのときに頑張って成功した人の足を引っ張るな

いったいここの何処に文句があるのだろうか。

全体的に日本は低い方にあわせることを好む社会だとは思う。学校の成績別クラスでも「できない子がかわいそう」とか言うし(そのくせ「できる子がかわいそう」とは言わない)、厳然と競争が存在するにも関わらず、競争なんかないんだよみたいに隠蔽することが大好きというか。

スレの編集にも悪意があって、この意見に反発するのが総意みたいな流れに見える。

11+1 : ロシアンブルー(東日本) [] :2012/12/01(土) 18:39:31.30 ID:DWogNnn60 [PC] 努力したものだけ果実を奪うって考え方からすれば当たり前の話だな
で、文句言ってる奴はなにかやってるのか?
社会に文句言ってもお前の現実は変わらん

46 : 白(中部地方) [] :2012/12/01(土) 18:52:09.77 ID:EugDlHXW0 (1/3) [PC] 金持ちになりたければ努力する
努力したくなければ諦める
他人や社会のせいにするのはどっちでも出来るし

70+1 : 白(中部地方) [] :2012/12/01(土) 18:58:32.46 ID:EugDlHXW0 (2/3) [PC] 貧しくなるのも豊かになるのも本人の自由だろ
もともとハンディを背負ってるならともかく
結果として貧しい人に他人が何かする必要ないだろ

269 : 白(中部地方) [] :2012/12/01(土) 20:39:17.41 ID:EugDlHXW0 (3/3) [PC] 結局、若者も含めて既得権益の傘に入りたがってるから
日本は変わらんのだろうな

76 : バーマン(長野県) [] :2012/12/01(土) 19:00:37.66 ID:U5SglRVq0 (2/9) [PC] >>68
>>1の言葉は、努力してリスクを伴ってでも行動をおこす人に対する言葉じゃねえだろ
すくなくともソースの文を読む限りは

小泉時代にこいつが何をしたかはまた別の話だ

78 : トラ(和歌山県) [] :2012/12/01(土) 19:01:28.25 ID:JYCkFR+80 [PC] 正論杉w

80 : キジトラ(福島県) [] :2012/12/01(土) 19:02:52.13 ID:V7xxI1je0 [PC] これは正論。でも支持はされない。
とにかく景気が良くなりゃ、問題も減るので、その辺よろしく。

83 : アンデスネコ(東京都) [] :2012/12/01(土) 19:05:31.04 ID:/vRFkr4m0 [PC] ニートを馬鹿にしてるだけ
全くの正論

みたいな意見は削除されている(70, 80, 83は載っている)。

「頑張って成功した人の足を引っ張るな」も正論だと思う。でも成功した人の足を引っ張るのが大好きな人はたくさんいるし、みんなで平等に貧しくなろうという思想もかなりある。チャンスが降ってきてチャンスをつかんだ人が成功して、チャンスをつかめなかった人が取り残される社会と、最初からチャンスなんかない社会とどっちがいいのか。

ITバブルみたいなのもあったけど、日本はバブル崩壊後から慢性的に不景気だった。新卒主義は変わらないのにここのところ20年くらいずっと景気が悪く大学を出ても満足に職のない状況が続いた。ところが2007年〜2009年くらいにかけては新卒採用はかなりよかった。この頃に大学を出た人は人並み程度の学生であってもかなり就職戦線は楽に感じた人は多かった。それでもチャンスをつかめなかった人はいて、そういう人からすればチャンスなんかないほうがいいとか、成功した奴が妬ましいと思うかも知れないけど、あんなスリムなチャンスでもないよりはあったほうがよかったと思う。そして今後も断続的にチャンスが降ってくるほうが、善意で敷き詰められた地獄への道よりもずっといい。

民主党政権で懲りたと思うけど、何もしないで「私たちは貧しい人達の味方です」みたいなことを言う奴になびくのって緩慢な自殺だと思う。民主党がそうであったように、そんなことできっこない。それよりも批判を恐れず「努力した人がチャンスをつかみます、努力したくなれば貧乏でいなさい、成功した人の足を引っ張ってはいけない」と手厳しいことを言う人のどっちが信用できるかといえば後者じゃないのかな。

前回、民主党の甘言に乗せられてほいほい票を入れてしまった人は、今回もやはりそういう政権を選んでしまうのだろうか。「国民は自分たちに見合った政府しか持つことができない」という言葉があったけど、この言葉は正しい。今までは政治がバカでも民間の努力で経済を浮揚させてきたけど、今はその民間企業が衰退しているから政治の悪さはてきめんに効いてくる。