Mは知らんけどSって難しいものだと思う

広告

横暴に振る舞えばSになれるというものではない。

【SM診断】左を選んだあなたはM。右を選んだあなたはS。合ってたら公式RT

この絵とエントリはあんまり関係ない。

これを見てふと思い出したんだけど、よくSとかMとか診断するようなサービスをネットで見かける。Mは知らんけどSは単に横暴に俺様で振る舞えばSになれるというわけじゃない。そこを理解しないと「※ただしイケメンに限る」とか思ってしまう。あいつはイケメンだから粗暴に振る舞っても女の子が付いてくるとか。まあそれも一つの真理かも知れないけど。

ジョハリの窓

何かの理論にあったけど、人間には4つの窓がある的なやつ。ジョハリの窓って言うらしい。

本人が知っている 本人が知らない
周囲の人が知っている 明るい窓 盲目の窓
周囲の人は知らない 隠された窓 未知の窓

明るい窓

自分も知っているし周囲の人も知っていること。○○に勤務していて真面目な勤務態度であるみたいなこと。これはたいして面白くないというか、SやMには関係ないこと。

盲目の窓

自分は気づいていないけれど、周囲の人は気づいていること。例えば、自分ではしっかり者だと思っているけど実はかなり抜けているなど。SとかMに関連する。レベル1としておく。

隠された窓

自分では気づいているけど周囲の人は知らないこと。例えば、自分が持っているコンプレックスとかあまり人に言えないような趣味、ぶっちゃけて言うと変態性。レベル2としておく。

未知の窓

自分でも知らないし周囲の人も気づいていないこと。レベル3としておく。

Sの人はMの人が望むことを酌み取って実行することができる人

レベル1の盲目の窓は本人は気づかないけれど他人から見るとわかるような欲求をうまく見つけ出してやればいい。他人から見えるので比較的簡単な方かも知れないが、本人が気づいていないので上手に相手に気づかせる細やかさが要る。横暴なイメージのSとはかなりかけ離れている。

レベル2の隠された窓は恋人関係になって恥ずかしい話でもできるくらいに親密になれば聞き出すことができるだろう。もちろん相手も「こんな秘密を話したら嫌われてしまうかも知れない」と思って黙っている場合もあるから、ある程度の包容力を持ってうまいこと引き出すことができないといけない。うまいこと相手の信頼を得て聞き出すことができれば、あとはそれを叶えてやればいい。ただ、この包容力を持ち合わせている人は経験上そんなに多くない。

Mの人でもされて嬉しいことと嫌なことがある。これは人によって違っていて、前の恋人はこういうのを喜んだけど、新しい恋人は嫌がるようなこともざらにある。ストレートに言うと、Mな人は踏まれたら喜ぶとかステレオタイプなことを考えている人はなかなかMの人が心を開いてくれない。かといって、Mの人がうまく素直に自分の秘めた願望を話してくれるとは限らないので結構難しい。Mの人がされたくないことを無理強いしたらMの人は離れていく。それはS失格だろう。隠された窓を上手に開けることができる人はいわゆるモテる人になると思う。されたくないことは言葉にして言わなくてもすぐに察知してやめて、逆にして欲しいことは口に出さなくてもしてくれる細やかな気遣いができる人である。

レベル3の未知の窓を開けることができたら相当のものだと思う。これはMの人が本人でも気づいていないけど、潜在的に欲しているものを上手に見つけて提供することができる人である。粗暴に振る舞って、適当に強要したらたまたま相手が潜在的に欲しているものだった、みたいなことはあるかも知れないけど、高い確度で探り当てるには相当の経験とセンスが要る。

よく言われるのは、Sの人は端から見ると粗野に振る舞っているようだけど、実は二人の関係はSの人が奉仕者であってMの人が上位にあるような、精神世界ではSとMが反転するとか言うけど、まあその通りだと思う。そして、Sの人は先天的にそういう才能がある場合もあるけど、たいていの場合は努力と経験に裏打ちされた能力というわけ。

そういうわけで、最初の絵で自分の好みでSかMかわかるというのは、たぶんそんなことないだろう。きちんとしたSの人であれば、左の子でも右の子でも密かに望んでいたり、あるいは本人も気づいていない潜在的な欲求を上手く満たしてあげることができるから、どちらが好みでもSにはなれるのである。たぶんね。

広告