醜活が絡むとFacebookもつまらなくなる

広告

醜活ってあらゆるものの価値を腐食させる、なんつーかデスブログに似た恐ろしさがある。

人事担当「就活生のFacebook見てるけど、友達が少なかったり、写真がアニメキャラな人はNG」

「ある不動産会社の採用担当グループは、面接試験の後で別室に集まり、パソコンを囲みながら受験者のFacebookチェックを行ないます。最初に見るのは『友達』の数。ある女のコの場合、面接で物静かだったのに、Facebook上で300人近くの『友達』がいて、書き込みごとに数十件ものコメントがつき、ページ全体が活性化していたと。ここに着目した採用担当者は『これは人望がないとできない』と評価を逆転させました。面接じゃわからない素の様子を知るツールとして企業はFacebookを見ています」

では、友達の数のほかにはどんなところに注目しているのか。人事コンサルティング会社、パソナキャリアカンパニーの新卒採用に携わっている佐野創太氏が答える。

「当社では、社内ベンチャーや新事業立ち上げに積極的に関わってほしい『イノベーター枠』の人材に限っては主にFacebookで採る方針です。すでにインターンシップの面接で絞り込んだ採用候補の数名とFacebook上でつながっていますが、私は友達の数よりも質を見ますね。他大学や社会人に『友達』がいるか。あるいは、もし外国人の友達がいて、大勢の外国人の中で本人が笑って写っている写真なんかがアップされていたら評価は上がります」

さらに佐野氏は、こう続ける。

「学生のページを開いて目に入るのがプロフィール。掲載写真がキャラクターになっていたり、顔を伏せていたり、出身地、大学名など基本データに記載がないと、そもそもこの学生はソーシャルメディアに向いてないんじゃないかと思ってしまいますね」(佐野氏)

兵頭氏によると、「Facebookを見る採用担当者にとっては、個人データよりもむしろ“自分をさらけ出せるタイプか、包み隠すタイプか”を知ることが重要」なのだという。

つまり「ソー活をする以上は自分をさらけ出せ」ということだが、それでは飲み会で酔いつぶれているような写真をアップしてもいいのか。佐野氏の考える、採用除外となりかねない、ギリギリのラインはこれだ。

「『受付嬢がキレイだったなう』とか、会社や面接官など特定の対象をあげつらう書き込みをする学生は、入社後に企業の機密情報を漏らしかねない。ソーシャルな場で出していい情報と、出しちゃいけない情報の正しい判別ができない人はちょっと……」(佐野氏)

引用が長くなりすぎた。

何というか「友達の質」って言い方がすごく嫌。前時代的な親が交友関係にまで干渉してきたり、学友を事務所が選ぶ芸能人みたいで気持ち悪い。友達って自然発生的なものなのだから、その人のことをろくに知りもしない第三者がFacebookページを見て「友達の質が低い」とか言うのはナンセンス。

もし醜活がFacebookを見るというのであれば、醜活向けのFacebookページを作るのはどうか。友人の9割くらいを外人にして、その外人もハーバード大とか北京大とかその辺の世界中の名門大学関係者をずらりと揃えておいて、海外旅行とかで現地の人と一緒に写真に写っておいて、あとは数カ国語でコメントやりとりしていれば、短絡的な醜活屋には覚えめでたいかも知れない。

醜活というのはデスブログみたいというか、こいつらが目を付けるとろくなことにならない。現在、多くの有名企業がひどい決算を連発していて5年後にはかなり多くの会社は倒産しているか、どっかに吸収されるだろうという業績。10年後にはきっとソニーもPanasonicもシャープもNECも残っていないと思う。こうした原因を醜活屋は短絡的にこじつけてきたように思う。

例えばPanasonicのスマート家電だけど、アイディアの枯渇もいいところだと思う。スマホでタッチするって、なんでもスマホに関連づければいいというものじゃないのに、こういうアイディアしか出てこない。

自分もインターンで某企業の企画立案みたいなところを見てきたので、なんとなくPanasonicの内部でどういう意思決定があってこの新製品ができたかわかるような気がする。きっと色々な人があーでもない、こーでもない「こんなの売れるんじゃね?」みたいなことを言って、ときにつまらないギャグを飛ばしたりしながら案を出して、コンペして勝ち残ったのが製品になったりするのだろうと思う。でもこれじゃあ世界と戦えない。

結局のところ、日本企業の業績の悪さは円高とか新興国の景気減速とかはたいして関係なく、本質的には人材の問題なんだと思う。その人材は好景気のとき(2007年〜2009年卒あたり)は雑な採用をしておいて、景気が冷え込むととたんに絞る。かつてバブル後にそれをやって失敗したのに何も学んでいない。企業は人の集合体だから、そうして好景気のときに調子がいいだけの学生でもほいほい採用して、不景気だと優秀でも採らないみたいなことをやっていると、企業内の人材構成も雑なものになっていく。

雑な採用と書いたが、醜活屋がサボっているわけではないと思う。むしろ醜活屋はかなり涙ぐましい、明後日の方向を向いたよい人材を採るための努力をしている。古くは小学校程度の学力を測るSPIを導入したり、後にはコミュニケーション能力とかグローバル化が流行った。そしてソーシャルが流行るとFacebookを見るようになったりする。努力はしているのだろうけど、真面目ではない。真面目というのは本質に対して真摯であることである。

インターネット利用者の間でも、自分の経験ではなくネットでちょこちょこと調べただけでわかった気になる人は多い。同じことが採用側にもあって、自分でその人と真剣に話し合って判断するのならいいのだけど、楽していい人材ががっぽがっぽみたいな夢みたいなことを考えているから、ろくでもないフィルタリングばかり考案して真面目に人と向き合わない。Facebookで判断するのがダメだったらまた次になにか安易な方法を考えつくだけだろう。

最近では学生側も何十社も受けることが当たり前になっているらしい。何十社も受けたら自分の志望の業界だけではなく、受けられるところを片っ端から受けようってことになるだろう。そうすると企業側からしても、なんとか効率よく手間をかけずに絞り込みたいという需要が出てくるのもわかるけど、ここは手を抜かずにきちんと選考して貰いたいと思う。

広告