エアアジアを使って3180円で札幌から羽田に帰ってきた

広告

エアアジアは安いんだけど、あちこちに罠が仕掛けられている感じ。

航空会社のマイレージを貯めるために無駄に飛行機に乗っている。最終到着地が新千歳空港だったから、東京に帰るために格安航空を使うことにした。ちょうどエアアジアが2,980円のプロモーション価格があったから予約をしてみた。

ぼーっと予約を続けると請求金額が5,000円くらいになったような気がする。よく見ると座席指定料とか保険が入っているので、座席は何処でもいいとか保険は要らないとかいちいちチェックを外していくとやっと2,980円になった。ところがクレジットカード利用手数料が200円かかるので合計で3,180円になった。

その後、新千歳空港で搭乗手続きをしようとしたときに、チケットを印刷して持ってくる必要があった。うっかりしていてスマートフォンにPDFを入れるだけで来てしまった。カウンターで話をすると印刷するのに1,000円かかるという。印刷に1,000円というのは悪意のある価格だと思う。

新千歳空港にはセブンイレブンはなくローソンしかない。セブンイレブンはネットプリント機能があるけれど、ローソンはUSBメモリとかに入れてきて下さいと言われて困った。同じようにチケットを持っていない人がコピー機に携帯を入れてコピーを試みたけどダメ。さて、どうするか。

実はクロネコ@ファックスというのがあり、e-mail@kuronekofax.net宛てに添付ファイルを付けてメールをすると、数分後に返事が届く。ここから手続きをすると番号が発行されてローソンなどのコピー機で印刷することができる。料金は50円。これで無事にチケットを印刷することができた。

しかしながら、ANAとかJALだったら携帯の画面のバーコードをスキャナに通すだけで通れるはずだ。エアアジアは確かに安いのだけど、何かとコストカットではなく、細かいところでわざと不便にしたり、気づかずに手続きすると想像以上に高い料金を請求されるシステムになっているようだ。だから、プロモーション価格どおりの料金で飛行機に乗るには注意深く行動しなければならない。まあ2回目からは同じ失敗はしないけど。

航空サービスとしては悪くなかった。だいぶ遅延したけど。座席は革張り(人工皮革?)っぽいシートでそう狭くもなかった。ただ座席の割り振りが大手と違って少し変で、がらがらの部分とぎゅうぎゅうの部分があった。ANAとかJALだとチェックインのときに隣を空けてくれたりするのだけど、2/3くらいしか搭乗していないのに隣に人がいて、でも別の場所は3席全部空いているとかそういう感じ。

CAさんは妙に若く色気たっぷり。しかし仕事ぶりはそんなに悪くもないと思った。

総合的にエアアジアはとても安く移動できるので、注意点を把握して上手に付き合っていきたい。