コメントお返事 5/15

広告

しばらくやっていなかったコメントのお返事を書きます。

社畜批判はたくさんコメントがついたので個別にはお返事をしませんが、海外ニートさんみたいだとか応援もいただきました。ありがとうございます。

初めまして。
私もUCSC Extensionを考えていて、このブログに行き着きました。
UCSC Extensionに留学するにはTOEFL iBT 80点が合格ラインとなっていますが、TOEIC 760点以上でもOKです。学校のImmigration Adviserに確認したので間違いありません。ハードルが下がりましたね。
とは言え、TOEIC 760点程度の英語力では現地で苦労しそうですが…

これは嬉しい同士が現れました。

おいらも去年どのくらいのハードルかと聞いたらiBT81と言われましたがTOEICでよいのですね。それも760点ならハードルが下がった感じがします。

前に台湾の友人がTOEFLを受けていて、彼はMBA志望のためトップスクールを受けるにはiBT109くらい必要でcrazyと言っていました。ところが先日話をしたら彼は6ヶ月アメリカで英語の練習をしたのちに受けたところ110点を取ることができたそうで「81点なんてよゆーよゆー」と。ともあれ、彼もそうですがアジア人はスピーキングが山みたいで、彼はスピーキングで6点、ライティングとリスニングで2点、リーディングは満点を取ることに成功したようです。もしスピーキングなしでいければスコアはだいぶ高く望めますね。

あくまでTOEFL/TOEICのスコアは試験なのでできなくても大丈夫だとは思います。一番大事なのは喋るのに慣れることで、これができれば下手くそなりに何とか意思疎通はできるようになるのではないかと。問題はExtensionは学校なので、そこで十分やっていくには普通の英語力より一段高いものが必要になります。でもエンジニアだと少しはハードルが低いかな。

師匠が言うには「こいつと話すのは面倒臭いな」と思われないように、とのことです。それができないと面接でも何でも不利になります。