模様替え

広告

イスタンブルにお客さんが来た。

「なっとらん!」

なんのことだろう?ニートなのだからなっとらんのは当然のことである。

「ダメ人間ならニートなのに女の子を追いかけ回してばかりいないとダメだ」
「家賃550ユーロの家に住むなんてニートの風上にも置けない奴だ」
「大家と寝て家賃を半額にしたとかブログに書きなさい」
「トルコで女の子をナンパして性病をうつされたと書くとダメ人間度アップだ」
「君のアパートに住んでいるイタリアのご婦人、あの人を抱いてきなさい」
「女の子をナンパするにはポップカルチャーにも詳しくなくちゃ」
「履歴書に問題があってもその会社のマネージャを抱けば面接に呼ばれる」

ひいいいい。ニートにそんな真似ができるわけがないじゃないか。

「いいか、金持ちがモテるというのは自分が男として魅力がないと言っているに等しい。ニートなのにモテるのが本当の男だ」

というわけでブログを模様替えしたらどうかということになりました。ちゃんちゃん。