中国語の同綴(同形)異義語について

広告

単なる疑問だけど書いておくと誰か博識な人が教えてくれるかも知れない。。。

中国語は基本的に漢字1つに1つの音が当てはまる

外国人、とくに台湾人に日本語を教えるときに面倒臭いのは日本語の漢字には読みがたくさんあること。例えば「京」は訓読みでは「みやこ/みさと」と読むらしい。音読みは少なくとも2つあって「けい」と「きょう」がある。他にもあるかも知れないが4つも読みがある。

余談:台湾の日本語教科書について

中国語と日本語は発音はともかく単語の意味が同じものはたくさんある。だから日本人が中国語を学ぶときには中国語の音を理解すれば最初からかなりの語彙を持っていることになる。逆もまたしかり。

ところが台湾の日本語教科書を見ると和語が書いてあることが多い。例えば「了解(liao4 jie4)」という言葉は中国語にもある。だからおいらは台湾人が日本語を使うときには「了解しました」あるいは単に「了解」と言えば十分だと思うのだけど「わかりました」のような訳語を充てていることがほとんど。

確かに「わかりました」のほうが一般的だし「了解」だと堅い感じがする。しかし意味は通じる。外国語学部とかで日本語を専攻するならともかく、旅行でちょっと使いたい場合には中国語の単語の日本語読みをたくさん教えた方がいいのではないか。発音を忘れても同じ単語を共有していることを知っていれば筆談できる。無理に台湾人が和語を使うことはないんだ。

もっと不思議なのは日本人でも使わないカタカナ語が結構ある。例えば台湾では鍵のことを一般的には鑰匙(yao4 shi)というが「鍵」という漢字を知らないわけではない。ところがある教科書を見たら鑰匙の訳語は「キー」だった。これは何か不自然。「学校から帰ったらお母さんが買い物に出ていてさ、キーがないから(ry」とかあんまり言わないでしょ。

日本語と中国語は共通の語彙は結構あるのだから、お互いにそれを活かせばいいのにという脱線でした。少なくとも筆談は相当通じる。

たとえば「假」という漢字について

中国語の漢字の発音は日本語と違って1通りしかないかといえば例外もある。ただどうも発音が違う場合は意味が違うらしい。これは1つの漢字が複数の意味を持つのではなくて、何となく違う漢字が1つに統合されているような感じに見える。

例えば「假」という漢字はjia4とjia3がある。

jia4はおおよそ休暇という意味である。例えば「放假」は休暇という意味になる。というか假って日本語で書くと暇なんじゃないかとすら思う。

一方でjia3は日本語で言うと「仮」になる。「仮」の旧字体では「假」だから別に変な話ではない。ここでは紛らわしいので新字体の「仮」で通すことにする。

どうも日本語の「仮」と「暇」という字が1つの「假」にまとめられているようだ。発音も似ているけど声調が違う。意味も違う。辞書でも別の見出しになっている。つまり別の字だ。同じ形だけど。

後述するけど大陸の簡体字ではもともと複数の字が1つに無理矢理まとめられている事例はある。ただ脱線しすぎたので最後に書く。

日本語でも「関数」の「関」が実は音が同じだから異なる字をまとめたケース。古い教科書を見ると「函数」と書いてある。函館の「函」は青函トンネルの発音を考えればわかるけど「かん」と読む。ただ当用漢字ではないからか何なのか検定教科書には「函数」と書けなくなったらしい。

こういう漢字の本来の機能を損なうような統合は漢字を簡略化する日本とか中国特有のものだと思っていたけど、もしかすると繁体字の台湾でもそういうことがあるのかも知れない。

疑問点:jia3とjia4ってもともと違う字だったものが北京語の変遷で一つに統合されたのか?たぶんそうだと思うけど、予想であって根拠がない。他にも同綴異義語はたくさんあるけど、それらもそうか。

言語は地方に行くほど古代語の性質を残すらしい

田舎の言語ほど古い時代の言語の特徴がなぜか残りやすいらしい。今のアメリカ英語は昔のイギリス英語に近いらしい。中国語でも広東語には声調が9つあるいは10あり声調が完全な形で残っているそうだ。上海語は発音の点で古代中国語がほぼ完全な形で残っていると聞いた。ただ大陸ではこれらを絶賛破壊中らしいので文化遺産としてなんとか残して欲しい。台湾でも長い間台湾語の使用が制限されていたし、どうも北京の人ってのはダメ。

ベトナム語も聞くところによると声調言語で、これもまた古代中国語の孤立語(語と形態素が1対1に対応する言語)の特徴を最も理想的な形で残しているそうだ。

それで、台湾の國語は北京官話なのでいわゆる中国語とほぼ同じものである。少なくとも普通に話ができる程度には似ている。いくら繁体字を使っていたとしても國語が北京官話ということは、古い中国語としての性質はあまり残っていないのかも知れない。

例えば中国語で「犬」は「狗」と書くし「赤」は「紅」と書く。じゃあ犬とか赤という字は中国語にはないかと言えば一応ある。ただし現代ではほとんど使わない古代語の名残のようだ。

北京語は昔の中国語からはかなり遠い中国語の方言だとすれば「仮=假」と「暇」を「発音似ているし(声調が違うだけだし)形も似ているからまとめちゃえ」となってもおかしくない。香港の広東語でどうなっているか知りたいところだ。香港は繁体字だし広東語は古い中国語の特徴を多く残している。

日本語はそういう意味で意外と古代中国語の名残を残している。発音がだいぶ違うから音は結構壊れているようだが、それでも日本の音読みは古代中国語の音を日本人なりに発音した形なんだとか。今の中国語の発音とはだいぶ違うけど、それは日本が改変した(日本人には発音しにくい音をアレンジしたのは除く)というよりは、あちらの発音が徐々に変わっていったのである。その証拠に台湾語とか広東語の漢字の読みは北京語に比べて日本語に似たものが多い。

大陸の中国語ではもっと多い

脱線しまくるので最後に持ってきた。

例えば簡体字では「後」という字は「后」という字になっている。だから「后」という字を単独で見た場合には「后」なのか「後」なのかわからない。こまったもんだ。簡体字は漢字としての機能がぶっ壊れていると言うけどその通りだと思う。

中国という国と中国政府の違い

政治的なネタに突っ込むけど中国が好きな人の結構多くの人は混乱している。中国という国が好きなのか、中国共産党が好きなのかハッキリしていない。

日本人は案外多くの人は中国が好きだと思う。日本の文化のルーツは中国にあるものも多いし、三国志のネタで盛り上がっている人をよく見るけどあれは中国のお話だ。日本が本当に中国が嫌いなら韓国で漢字をほぼ撤廃してハングルにしたように、日本でも漢字を止めているだろう。明治維新と敗戦時に本気で漢字を使うのを止めようと議論されたけど結局使い続けている(簡略化はされた)。

日本人で中国が嫌いと言っている人のほとんどは政府が嫌いなだけだろう。尖閣問題とかの態度とか、あるいは文革とか天安門事件とか。中国人はモラルがないとか言う人もいるけど、おいらはあれは文革の犠牲者だと思う。文革で中国人としての誇りは無残なまでに破壊された。むしろ中国が好きな人は今の共産党にはNOと言うべきだと思う。

で、簡体字というのは中国共産党が定めたもので、おいらの見解としては中国文化の陵辱だと思っている。文革で色んなものをぶっ壊した、孔子廟とか知識階級とか中国人としての誇りとか。その中の1つが正字体(繁体字)だと思っている。因果関係があるかどうかは知らないけど。というか簡体字自体は略字として台湾人も使っている。簡体字のベースは昔から使われている漢字の略字である。ただ、それを正式な字として採用したのは中国共産党。

簡体字は漢字としての機能がぶっ壊れているというと「お前はアンチ中国か?」と言う人もいるけど、おいらが嫌いなのは簡体字とか文革共産党であって別に中国が嫌いなわけじゃない。最近の中国は文革の後遺症から脱却してきて優秀な人も多いし、むしろ日本のほうが反知性主義が跋扈しているくらいだ。

国と政府は分離しよう

類似の例として、おいらは日本の企業とか政府とかの社会構造がクソだと言い続けているけど、別に日本が嫌いなわけじゃないんだ。政府と国は分離して考えた方がいい。

権力者はよくそこんところをミスリードする。権力者の体制を支えなさい、お前には愛国心がないのかと。日本を愛するなら経団連を支持しなさいみたいな感じ。さすがに経団連って言われると「ねーよ」って思うだろうけど、巧妙にそこを隠すと多くの人が既存の権力者の基板を支えるために頑張って愛国心を発揮している。日本を脱出して海外で働こうとか言うと売国奴とか言い出す人は多いからね。そんなことして喜ぶのは誰だろうか。

非常に露骨な例は北朝鮮である。自称「共和国」とか言っているけど実は世襲制の王国で、どうもあの国で一番大事なのは金王朝を支えることでそのためなら人民が餓死しようとどうなろうと知ったこっちゃないという態度。脱北者は厳しく取り締まり売国奴として銃殺刑になる。日本はそれをもうちょっと巧妙にやっている。

金正日は朝鮮人の敵だろうし、少なくとも以前の中国共産党は数千年の歴史をもつ中国という国の敵だったと思う。ただ権力者はうまく詭弁を用いて自分が朝鮮の、中国の正当な後継者であるかのようなことを言うので多くの人は騙されてしまう。これは日本の政治かとかクソ企業にも言える。

2 件のコメント

  • 記事と関係のないコメントで恐縮なのですが。

    以前ブログ主さんは海外の大学に留学したことがある旨書かれてましたが、
    それは大学との間で直接、申込の手続をしたのでしょうか?
    それともエージェントなどを介したのでしょうか?

    海外に興味があるので、その辺のお話をしていただけると、嬉しいです。

  • >類似の例として、おいらは日本の企業とか政府とかの社会構造がクソだと言い続けているけど、別に日本が嫌いなわけじゃないんだ。政府と国は分離して考えた方がいい。

    自分も日本は好きですが、だからと言ってブラック企業や体育会系絶対主義価値観を受け入れることはしませんし、それらは直していかないといけません。

    日本が好きなら、日本で行われている日本人による犯罪や悪行まで許していいことではないですからね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください