はやぶさ書房、はじめました

広告

完成するまでURLを伏せておこうと思ったけど、2chのスレにURL書いてあるし、Twitterにも流れているのでばしばしリンクを張っていこうと思います。

『ナイト=ゴーント』を電子出版で出します

第8回集英社スーパーダッシュ小説新人賞最終選考作の『ナイト=ゴーント』を電子出版で出します。

作家の篠山半太氏はGoogleで検索すると、第8回集英社スーパーダッシュ小説新人賞最終選考作や講談社Birthで結果を出している新進気鋭の新人作家。イラストレーターの倦怠類氏はpixivやニコニコ動画で活躍中の凄腕イラストレーター。よくもこれだけの人材が集まったものだと驚いております。

講談社Birthの『シビリアン・コントロール』もまた別の凄腕イラストレーターさんがイラストを描いてくれています。こちらは少し柔らかい印象になりそう。

ニート王のpha氏じゃないけど「インターネットすばらしい」としか言いようがありません。

拡散のお願い

すばらしい才能が集まったのだけれど、やはり個人での電子出版は流通が弱い。大手出版社が力を入れて流通や広告を打てばかなり売れるのは確実なのだけど、ネットでやると色々と問題が山積です。その中でも一番大きいのは宣伝でしょう。

そのようなわけで、もしこの記事をご覧になった方で応援して下さる方は、twitterとかご自身のブログとか、あるいはソーシャルブックマークなどに登録していただけるようよろしくお願いします。

最後の課題

プロモーションの次に問題なのは売り方。物理的な本が書店にあるというのは実に簡単なのだけど、電子出版には形がないため売るのに手間がかかります。逆説的ですが流通に有利そうな電子出版も零細の場合は販売サーバの設置とか決済が煩雑で、紙の本のようにものを渡してお金を受け取るより面倒なのです。Amazonのような大手が電子出版を取り扱ってくれれば話は早いのだけど、まだ日本ではそこまで来ていない感じ。

決済も面倒臭い。銀行振り込みでお願いしますなんて言った日には面倒臭いからスルーされることは確実で、クレジットカードとか電子マネーなど多彩な決済方法をサポートしておく必要があります。こうしたノウハウもこれから蓄積していかなくてはいけません。

なにかお勧めの方法があれば教えていただけると幸いです。