美人すぎる市議のトラブル

広告

裏ばいおも注目するあの人ですが

何やらアンチが大量に沸いているようですね。まあ、美人と言うだけでやっかみの対象になりますし、私もそれはわからないでもありません。

美人は生命としての価値が高く、つまり何をしてもすばらしいのです。東大生でも美人だと「美人東大生」ってことでものすごく注目を集めます。美人じゃない東大生なんて山ほどいるんですよ。アスリートでもそうだし、何か一芸を持っているけれど、その芸だけでは一流と言えない人でも、美人だととたんに変わってきます。

私のようなものからすると、それは金持ちのぼんぼんが嫌いなのと同じように美人で、それを最大限に使っている人というのは嫌いなのです。スタートラインがそもそも違う。

美人でもコンサバ系で、しっかり勉強して普通の男と同じように受験をして大学を出て、普通に就職して、女を武器にしない仕事で頑張っているのならよいのです。でも、採用面接で明らかに有利ですからアドバンテージはどうしても残るんですけどね。

DVDが女性アイドル部門で2位、写真集もタレント部門で2位

藤川議員は2007年4月の八戸市議会議員選に無所属で出馬し、トップ当選。08年1月には「美人過ぎる」などとインターネット上で評判になり、2008年11月にはDVD『love navi 八戸』と写真集『moe navi 八戸』を発売する予定だ。ショッピングサイト「Amazon.jp(アマゾン)」では、予約受付の状態にもかかわらず、DVDが女性アイドル部門で2位、写真集もタレント部門で2位にランクインするなど(2008年9月30日現在)、人気は上々のようだ。

とのことで、人気は非常に高いのだけど、人気に比例してクレームも多い。その中で一番の傑作は

水着姿が撮影されたのは遊泳禁止の場所で、過去には人も亡くなっているんです。水難事故で子どもが死んだら誰が責任とるのかといった電話もいただきました。優里ちゃんに票を入れてくれるようにお願いしましたが、いまでは支持したのが恥ずかしいと思っています

とか

危険な場所でニコニコ笑って写真撮影など許しがたい。観光PRだったら市と連携すべきだが、東国原知事とは違って、それも全くやっていない。もう次の選挙に出るのは不可能だと思っています。税金から給料を頂いている身分で、今後タレントに転向などしたら、政治家として悪しき前例になる

これってどうよ?人間も一己の生命なのだから、自分の生命の危機については自分で何とかすべきじゃないの?危なそうなものを見たら危険だと本能的に気づくべき。あんまり過保護はよくない。おばあちゃん子は三文安いって昔から言われています。あと「許せない」発言だけど、危険な場所で笑っちゃいけないの?そんなのたくさんいるでしょ、エベレストの山頂でピースしている人とか。あれは市議じゃないからいいの?

そもそも水って怖いものなのですよ。プールみたいな安全なところで、監視員がいるところでちょっと達者に泳げるくらいで海や川に行けば危険は待ち受けています。そういうのを理解しないまま年齢だけ重ねて、夏になると水難事故で亡くなったとか、これも恋愛家庭教師じゃないけど、教育のゆがみのような気がするなあ。

子供が真似したら、ではなくて、子供には水は危ないんだよと教えることで真似させないことが肝要かと思います。クレームは的外れ。

最低限教えなきゃいけないことを教えないどころか、むしろ遠ざけて、さらに無関係のところにクレームまでつける。モンスターペアレントって言うけど、モンスタープロ市民ってところか。

余談:モンスターペアレント

モンスターペアレントが問題になっていて、確かに常軌を逸したのも多いんだけど、困った問題もある。教師にクレームをつけること自体をモンスターにすり替えることが稀にだけどあるのだ。酷い教師はたくさんいる。

酷い教師からすればモンスターペアレントという言葉は渡りに船かも知れない。上手に使えば自分の身分を危うくする存在をモンスターとラベリング理論を用いて追い込んでいくことが可能になる。

ヒヒ爺のやっかみに付き合う必要はない

ところで市議って有名ですか?代議士ですら一部の有名人以外の大多数って何しているかわからないんですよ。ちゃんと仕事をしているのか?

いや、仕事をさぼっているだけなら税金の無駄遣いでまだいいんです。ニートからすると参議院議員なんて理想ですよね。解散なしで任期6年で給料は高く、海外への視察とかJRの運賃が無料だとか。それに加えて無駄に権威があって先生って呼ばれる。

もし私が参議院議員になることがあれば、ずっと寝て6年間貯蓄して過ごしますよ。で、任期が終わったら南国の楽園に貯蓄を持って引っ越します。参議院議員の給料なら一生なんとか生きていけるでしょう。何か派閥に加われとか票を入れろとか言われても、そんなに全部無視して「考える機会が多ければ多いほど、また考えることが長ければ長いほど、ますますあらたに増大してくる感嘆と崇敬とをもって心を満たすものが二つある。それは、わたしの頭上の星空と、わたしの内なる道徳律」とか煙に巻くことを言って任期を終える。悪には荷担しないし、何が悪かも判断しない。

話は飛んだけど、実質ニートの議員ならいいんだけど、大抵は権力を使って悪いことをします。談合に協力したり、給料泥棒どころではない、いない方がよい議員もいるのではないかと想像します。あくまで想像ですよ、八戸には悪い人はいないかも知れません。

遠くに住んでいると八戸市議なんて藤川ゆりしか知らないのですよ。あとの何の仕事をしているか不明の、それでいて権威を持っていて給料も貰ってるオッサンが何言ってんだかって感じ。東国原を引き合いに出しているけど、そこまでいかなくてもいいから、もっと粉骨砕身、刻苦勉励に公務にいそしんで名を上げて貰いたい。

藤川議員はまだ28歳で、手練手管を知り抜いた職業政治家(政治家は選挙で落ちたら無職だけど、何故か落ちない時支社の囲い込みが得意な人)のジジイから見たら小娘みたいなもの。

ここは大人の懐の広さを見せて、写真集くらいでやっかまないでいただきたい。

広告