給与破壊の衝撃・サラリーマンの平均給与は406万円

広告

まずはコメントのお返事をします。

POSTED BY ななし ON 2010年10月8日
どもです。
先日の女性ですが、帰り道に手を握ったら猛烈に嫌がられましたw
親しい女性の同僚にフォローを頼んで、どうにかこうにか収まりそうです。
完全に脈無しだそう……
私に気を持たせてたように見えたのは「拒絶すると他の人との人間関係が悪くなりそうだから」だそうです。
どうも彼女は、異性に対する好意の線引きができないタイプだったみたいです。
ボディタッチしたり、気軽に用のないメールを送ったり、甘えてきたり。
天然悪女タイプですね……非モテは舞い上がって勘違いしてしまうよ。
男友達も多いみたいです。同性と違って、男友達はチヤホヤしてくれるからなあ。
25歳で、それを純粋な友情だと思ってるのは勘弁して欲しい。
こうして私の、一ヶ月の恋の幻影は消え去りました……
オナニートさん、毎回真摯なレスを返していただいてありがとうございます。
アメリカに移住したら、その頭脳で金髪美女をモノにしてください。
願わくば、私にもホームパーティーとかでおこぼれを……!

スキンシップは難しいですねー。奥手だと草食系とか言われて馬鹿にされるけど、勘違いして踏み込むと変態扱いです。勇気を出して手を握ったのは大きな一歩だと思います。言葉で「つんつん」とか「なでなで」とか言ってみて様子を見るのはいいかも知れません。

ボディタッチしてくるのに自分は触られたくないというのはわかんないです。人間関係のための社交辞令とは思えない。むー、難しい><

アメリカの金髪美女は難しそうです。おおよその傾向として、欧米の女性は強い男性を好むらしく、アジアの可愛い系を求めるのとはちょっと違うかも知れません。でも夢を持って頑張ります。

ブロンドビューティーにダーリンと呼ばれる方法」を見ると欧米の女性は日本人とは価値観がずいぶん違いそうです。というか、ナンパが反社会的行為なのは少数派だという噂も。

給与破壊の衝撃・サラリーマンの平均給与は406万円

「給与破壊の衝撃」あなたの給料は全国平均より高い?低い?』という記事が話題になっている。何を今更という感じでもあるけど。

非正規はもっとひどい条件で働いている。年間1,920時間労働で時給1,000円だと年収200万円にも届かない。だから非正規の中央値はもっと低いだろう。

おいらはトルコは好きなんだけど、トルコの一人当たりGDPは10,000ドルに満たない。別に信じられないような貧困国というわけでもない。日本もこのくらいにまで産業が減ってしまうことはそれほど非現実的だとは思わないし、一人当たりGDPが10,000ドルだと平均年収は150万円くらいだろう。単純に円換算したら10,000ドルって82万円くらいでしかないのだから。

バブル以前の世代は正規雇用が多い。それどころか、本来だったらその会社に入れるはずもないような人も、バブルの乱痴気騒ぎでどんどん一流企業に採用されていった。この世代があと20年もすると定年になる。そうすると日本は非正規雇用が中心になる。平均年収150万円と言ってもそれほど非現実的でもないよね。

今の日本の一人当たりGDPが33,000ドルくらい。1ドル82円で270万円弱。平均年収が400万円くらい。かつて世界一と言われた頃は37,000ドルくらいだったか。あの頃は1ドルいくらだっけ、130円くらい?だとすると、一人当たりGDPは480万円くらいである。今のアメリカの一人当たりGDPは43,000ドル。アメリカは順調に成長しているけど、日本はドルベースでも衰退している。円ベースだと半分くらいではないのか。これが日本の貧困や閉塞感の原因であり、この先の展望も暗い根拠でもある。

新卒者にとって一番恐ろしいのは能力が衰えていくことだと思う。NNT既卒でもなく、安い給料でもなく、ブラック企業とかも怖いけど、それは一番ではないと考える。

バブルの頃の人は少々劣った人でもよい会社に入り、よい仕事を手がけるチャンスに恵まれて20年ほど働いてこられた。ロスジェネの人たちは卒業して10年ほどよいキャリアを積んでこられなかった。この差がとても大きい。そして今のNNTの人にとって今後、もっとも重くのしかかるのがまともなキャリアを積めないまま時間だけ過ぎていく問題である。

知り合いのニートとか、あるいは企業戦士を見ていると現状を何とかしようという気力がなくなってきている。ただ日々を生きるだけの人生であり、時間だけが無為に過ぎていく。こうなってしまうとどうしようもないと思う。将来に生きるキャリアを積まずに時間だけ過ぎてしまうことがもっともよくないことだと思う。

東大内でもぼちぼち《醜活》留年を選んだ人が現れてきた。既卒になったら人生終わりだと思っているのかも知れないけど、多少の波があるにせよ、長期スパンで見ると今年より来年の方が悪い衰退国家なのだから、あまり一つの価値観に拘って時間だけ過ぎるようなことになっても将来にはつながらないような気がする。

セミナーにたくさん出席したりすると頑張っている気分になるけど、実はちっとも頑張っていない。少しくらいは話を聞く機会も多いけど、著しく時間を《醜活》に費やしている人はちょっと考え直した方がいいかも知れない。あと面接をたくさん受けるのも、結局10人いるのに椅子は8個しかないわけで、その椅子を取り合いしているだけ。椅子取り合戦をさらに苛烈にしてもミクロ的には変わるかも知れないけどマクロ的にはNNTがたくさん出ることには代わりがない。

じゃあどうするかというと、色々な代替策について考えることが大事。《醜活》業界の手のひらで踊るだけが人生ではない。おいらならシリコンバレーかシンガポールあたりで仕事を探すために何が必要か考える。

最近面白そうだと思うのは、カリフォルニア州立大学サクラメント校の語学学校。州立大学だから外部の人は授業料が高いイメージがあるけど、語学学校を見るとそう高くはない。16週間で4,000ドル弱は安いとは言わないけど、ハーバードあたりと比べると魅力がある。学校に4ヶ月通いながら英語漬けの日々を送り、シリコンバレーで1〜2流くらいのアメリカ企業の職を探すなんてのは現実的かつなかなかよい方法だと思う。日本で外資を受けると超一流ばかりだから難しいけどアメリカに行けば色々な企業がある。

スタンフォード大学も捨てがたいけど、6週間で4,000ドルは高い。

3 件のコメント

  • 上位大学以外の人はイス取りゲームに参加すらさせてもらえない現状(´・ω・`)

    最近、不必要な機能を付けて高くなって、売れてなさそうな日本製品が多いです。
    企業は、非正規雇用をいじめて高給取りを保護せず、必要のない高給取りを解雇してほしい。
    派遣規制は2chでは「仕事がなくなる」とか叩かれてますが、とりあえず実行してみてほしい。
    古参に高給・開発生産者がワープアってモデルは、モチベーションが下がって品質の
    低下につながります(もうすでになっている)。「仕事が海外に行くだろ」って話も、海外の人に
    出来るんだったらやってもらえばいいじゃないかって思います。案外、クソ労働環境だから
    人手が集まらなくて失敗するだろうと私は思っています。あと、一昔前によく聞いた「リストラ」、
    今はあまり聞かないですよね。切られる人が正社員から派遣に変わったのだなと思います。
    それでも「仕事が海外に行くだろ」って言い続けて派遣を容認する人が多いのが不思議でなりません。

  • >バブルの頃の人は少々劣った人でもよい会社に入り、よい仕事を手がけるチャンスに恵まれて20年ほど働いてこられた。ロスジェネの人たちは卒業して10年ほどよいキャリアを積んでこられなかった。

    大学3、4年生時の景況で就業とキャリアアップのチャンスが大きく制限され、生涯賃金が1億円以上変わってしまうという機会の不平等は自由主義からは遠い。むしろ封建主義に近い。やっぱ新卒一括採用って誰得。ただ、べつに法律で「制度」として存在しているのではないからややこしい。企業はもっと、海外を放浪したとかボランティアに打ち込んだとか「色のついた」既卒も受け入れて、多様な人材を取り込んだほうが生存可能性が高まると思うんですけどね。

  • ご無沙汰しておりました。カリフォルニアで仕事をやめて旅行してつい先日ニューヨークに引っ越したとこです。
    日本ではナンパが反社会的行為だったのですか!初めて聞きました。私は旅行先でもナンパしまくってましたけど…さすがにエジプトでは控えてました。ホステルの外では。
    ちなみにリンク先のいうとおりアメリカに金髪美女はあまりいません。ロシア北欧のほうが多いですよ。オナニートさんでもつきあえますよ。ただなかなか体格がなかったりするとメインストリームを狙うのは難しいと思います。オナニートさんは教育がおありですので同じく教育がある層を狙ったりするとうまくいくと思います。別に美人がいないわけではないので。あと英語能力は必須で口もうまいほうがいいです。私は口から先に生まれたので苦労はありませんが…

    コメントを下さった方がいきなり手を握ったのかどうかわからないのですがその前に背中触ったり髪触ったりしてみたのでしょうか?ボディタッチしてくるのであれば適とーに髪とかほほ触って口説けば絶対ものにできると思うのですがね。女性に対しては何を言ってくるかよりなにをしてくるかを信じたほうがいいのではないでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください