シャングリラホテルのコンシェルジュはNoと言わないらしい

広告

Twitterにでも書けばいいんだろうけど、ふと思いついたので書いてみる。

シャングリラホテルのコンシェルジュはNoと言わないらしい

シャングリラホテルという高級ホテルチェーンがある。ここはHotel Destinationと言われるように旅行の目的がシャングリラホテルに泊まることであるようなホテルだという。

個人的にはまったく関心のないホテルである。宿はベッドとシャワーやトイレがあれば十分だ。あとエアコンとか扇風機があると洗濯した服が翌朝までに乾くからあるといい。極度に汚くなければ古くてもいい。その程度。

思うにこう言うホテルは人を使いつけている階級でないと使っていて面白くないんじゃないかと思う。人に指示をするのは案外面倒臭いもので、そんなことより自分で動いちゃえばいいと思うのはある種の真実。だけど、ハイソサエティとかあるいは会社の管理職なんかは指示を的確に出すことが求められるようだ。そうしないと部下が育たない。自分でやれば10分で終わることを1日かけてやらせる矛盾。

ホテルのコンシェルジュも色々頼むのは悪い気がしてくるから単に泊まっておしまいにしがちである。でも、それではこのホテルに宿泊する意味がない。色々なサービスを積極的に使ってこそ高い宿泊料に見合うのだ。

シャングリラホテルのコンシェルジュはNoと言わないらしい。分からないときでも色々工夫をして最善の解を返すように努力するという。

コンシェルジュに仕事を斡旋して貰ったらどうなるんだろう?

普通、シャングリラホテルなんかに泊まるのはお金に不自由していない人だろう。ニートが泊まるホテルじゃない。だから、かなり無理難題に慣れているベテランコンシェルジュでも仕事に就きたいと言ったらなんと返答するであろうか。

例えば香港とかシンガポールに行き、シャングリラホテルに泊まる。1泊23,000円くらいで泊まれるようだ。高いけど泊まれない宿泊費でもない。で、泊まってHotel Destinationを満喫する。ホテルから一歩も出ないでコンシェルジュをとっつかまえて、シンガポール/香港で就職をしたいのだがどうしたらよいかと相談しまくったらどういう回答をくれるだろうか。

日本のシャングリラに泊まってもおそらくよい回答は期待できないだろう。なぜなら日本の事情は日本人なら熟知しているからだ。しかし、海外で仕事を探すにはどうしたらいいかという知識を手っ取り早く手に入れたい人は案外面白いと思う。変な海外就職エージェントを使うよりもよい結果になるかも知れない。

滞在日数のうち1日をそうして潰して、あとは現地を廻って色々調べる。そうした旅も面白いかも知れない。

広告