コメントのお返事をします

広告

まずはコメントのお返事をします。

かてきょ

POSTED BY 匿名 ON 2010年8月14日
チェリーボーイが家庭教師でやってきて、生徒とエロゲをしてそれから実技を習う
オナニートさんにそんな過去があったなんて!
事実はエロゲより奇なり
さすがです

実技演習はないですって。

塾講師で生徒に手を出しまくっている人は何人も見ている(そいつは修羅場も何度も経験しています)し、家庭教師でもそういう輩はいるんだろうなーとは想像します。そいえば、生徒が大学進学後すこしして突如電話を貰ったことがありますけど、要領のいい奴ならデートにでも持ち込んだりするのかな。おいらは全てにおいてダメダメでした。

ところで、おいらは青少年育成条例だかの18歳未満とは云々という条例は馬鹿げていると思います。だって女子は16歳で結婚できるのに、17歳と付き合ったら逮捕っておかしいじゃないですか。一応真剣交際ならOKらしいけど、本人同士は真剣でも周りが認めないとアウトです。

でも、こうした塾講師とかの問題を見ていると、中高生という年代は保護しなきゃいけないのかもなーとも思います。中学生くらいだとことの重大さを理解していないのか、女子の方が積極的で男子に関係を迫って、男子が嫌がって教員に相談とか成人では考えられない逆転現象がしばしば見られます。高校生くらいになると多少は落ち着くのだけど、まだ好奇心が強く、男をコントロールするテクニックが完成していないように見えます。

だから、成人の男が中高生相手に邪な考えを持って接すれば危険なのは仕方がないのかなー。青少年育成条例はバカバカしいと思うけど、年代の特性を考えると合理的なのかも知れません。

就職

POSTED BY 半角空白期間 ON 2010年8月14日
戸愚呂面接官に学ぶ中途採用基準 http://www.nicovideo.jp/watch/sm459867
今日見たニコ動のランキングにあがってた動画です
いやー、社会って厳しいですねw

見てみたけど、ほとんどの人は働くことで会社にメリットを与えることができるはずです。当社に何のメリットが?と聞くのは上司の管理能力を放棄しているとしか思えません。それを考えるのは会社側だろうと思います。給料+年金とか社会保障の掛け金を合わせて月に30万円のコストを発生させたとしても、それ以上の利益になる仕事を与えればペイできます。

2chまとめサイトのようなものでも、ある程度の人数を雇用して一定時間作業させれば収益を発生させることができます。海外のアンテナサイトをチェックさせて、面白そうな記事を日本語訳して載せるだけでも、継続して人的リソースを投入すれば収益に結びつけることができます。ある程度の規模を持つ企業が何かをすれば、個人の場合と違って収益に結びつけるのはそれほど難しいとは思わないのだけど、それができないのかなあ。

おいらも1億円ほど資本金があれば年間500万円のコストで1人雇えるとしたら、20人を1年間雇うことができます。10人くらい雇用して、香港にロックフリーのiPhoneを買いに行かせるとか、中国語とかタイ語とかベトナム語のアンテナサイトに載っている面白い情報を翻訳して掲載するとか、そういったものが事業化するか試してみたいものです。あと保育園やりたい。待機児童多すぎるし、熱があると預からないとか不便すぎます。子供が風邪を引くと親は会社を休まないといけない。発言小町なんかだと「そのくらいで仕事を休むなんて社会をなめていますね」とか社畜発言がたくさんあるけど、働く人は板挟みです。それを是正したい。

このように、資本金があればアイディアなんていくらでもあるのであって、だったら人を雇って事業化すればいいのになと常々思うのです。だから「あなたを雇用することで当社に何のメリットが?」と問うことは「私たちはバカです」と言っているようなものだと思うのです。会社がバカでもこいつさえ雇えば儲かるみたいな人が来るのを待っている会社ってどうしようもないです。上手に仕事を与えれば利益に貢献する程度の社員で満足すべきでしょう。

POSTED BY シント ON 2010年8月15日
社会人なんて言葉はもう、胡散臭さしか感じなくなりました。楽しく労働できれば、そりゃあニートも引きこもりも働くでしょう。
なんでそんな社会を作ろうとしないんですかね?

日本は労働が「労道」だからでしょう。辛くなければ仕事じゃないのです。

ホリエモンは常々「起業しろなんて言っていませんが、しなかった場合に損をするのはあなたですよと言っています」と述べています。これはホリエモン的「脱労道」の解なのでしょうね。しかし、ある程度は先立つものがないと厳しいなー。何かを初めて収益につながるまで3年かかるとしたら、それまではコストばかりだけど、事業は継続しないといけないわけです。だから資本金があまりない場合はすぐに収益化することをしないといけない。ライブドアの前身のオンザエッジはWebページ製作なんかをやっていたそうですが、今ではそんなの競合他社も多いし、自分でやっても優れたCMSがあるので難しくない時代です。それに代わる小資本で直ちに収益化するものを見つけないと、ニートがいきなり起業は難しい。

プログラミング

POSTED BY 理系大学生 ON 2010年8月14日
お返事ありがとうございます。
こちらの返事が遅れてすみません。
rubyは情報科学の授業で少しやったことがあるのでrubyをやってみることにします。
しかし、rubyが自然言語処理に役立つとはちょっと意外でした。
貴重なお話ありがとうございました。

どもです。

えーっといくつか原則論ですが、チューリング等価という概念があります。プログラミング言語AとBがあった場合に、これらがチューリング等価なら同じことができます。ほとんどのプログラミング言語はチューリング完全なので、RubyだろうがC++だろうがbrainfuckだろうができることは同じです。もっと言うと、コンピュータに何ができるかということは、チューリングという昔の学者が説明していますので、それ以上のことはできないのです。ときどき学者でもこの辺のことが解っていない節のある人がいます。

というわけで、本質的な意味ではどの言語を選んでも同じです。Rubyだから自然言語処理ができないとかそういうことは全くありません。ただし手間は全然違っています。brainfuckなんかでコーディングしたら、脳がfuckされてしまいます。

プログラミング言語を分類するときに有効だと思うのは「言語のパワフルさ」と「ライブラリの豊富さ」です。言語のパワフルさというのはプログラミング言語の機能そのものです。オブジェクト指向言語なら、オブジェクトを扱うための機能が言語側にあります。非オブジェクト志向言語でもオブジェクト志向プログラミングはできますが、言語が面倒を見てくれる細かいことをプログラムで記述しないといけないので面倒臭くなります。この辺は最初はあまり意識しなくてよいと思います。

実質的な使い勝手につながるのはライブラリの豊富さだと思います。RubyとかPythonはそうした意味で優れています。やりたいことを少ない手間で実現できます。

その他

POSTED BY ひとり ON 2010年8月15日
まともにコメントを返してくれるのはonaneetさんだけですね

そですか?おいら基本はふざけているので、よく「私と一緒にいるとき脳みそ使ってないでしょ?」とか叱られますよ。こないだの七夕でも短冊に「昆布になりたい」と書こうと思って笑われたことがあります。基本的にニート体質なので、猫になりたかったり、昆布になりたかったりします。あまり都会も好きではありません。田舎でまったり暮らしたい。引きこもりなので人と接していなくても案外大丈夫だし。

POSTED BY ひとり ON 2010年8月15日
たまに自動販売機のかぎが欲しく菜ロマス
死ぬほど野みたい

ディスカウントショップで格安でたくさん飲み物を買ってくれば死ぬほど飲めますよ。

1 個のコメント

  • 起業の話題が出ましたがブログ主さんは起業には興味あるのですか?
    最近、プログラミング(?)とかで、フリーランスという生き方が注目をあびてるようです。
    雇われない生き方には正直憧れます。経営管理も面白そうだし。

    ただ、一部の人間がいう「ブラック企業社員が嫌なら起業しろ」というのは、大多数の労働者がそのような技能やリスクテイク能力を有していないことを無視した、立派な社畜の発言だとも思うのです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください