進路決まった

広告

まずコメントのお返事をします。

POSTED BY 嘉門JOSUA ON 2010年4月7日
茂木さんは確かにちょっと胡散臭いところもあるかもしれませんが昔から
新卒至上主義の異常さ、日本のムラ社会の醜さを指摘した文章をよく書いていますよね。
本人も大学に11年ぐらいいた人だし、なにかそういうことに対して嫌な経験でもしたのかな。

経歴を見ると法学部と理学部を出ているようですね。ケンブリッジはちょっとだけしか関わっていないようです。

彼も新卒至上主義の異常さ、日本のムラ社会の醜さを指摘しているのですね。でも、その割には日本企業に籍を置いているわけで、ちょっと矛盾を感じます。

POSTED BY ひとり ON 2010年4月6日
ものすごく嫌いな相談員がいるのですがどうしたらいいんでしょう
何かしてくる

相談員ってなんすか?相手をしなければいいのに。

POSTED BY あ ON 2010年4月6日
茂木さんて意外にもこんな記事を書いてるんですね。知りませんでした。
胡散臭い学者さん程度のイメージしかありませんでした(笑)
自分も醜活してますが、皆心の中に「おかしいだろ?」って気持ちはあるのに、
誰も表に出さないってのがすごく気持ち悪いと感じます。日本人、特に若い人たちは
感情を表に出して怒ることを忘れてしまっているように思います。

彼は見た目が結構独特ですからね(笑)

感情は出した方がいいけど、そうすると弱者同士で足の引っ張り合いがあるんですよね。社畜的というか、自分も犠牲者側であるにもかかわらず、現状に異議を唱える人の足を引っ張るから面倒臭い。そうやって、お互いに同調圧力をかけまくって文句を言えない雰囲気を作っていて、海外ニート氏の言葉を借りると経営者はほくそ笑んでいるわけです。

進路決まった

今日の21時頃に進路がほぼ決まりました。もしかすると変わることがあるかも知れないけど、ほぼこれで決定です。ああ疲れた。

ACM, IEEE Computer Societyに入会

面白そうだから両方入ってみた。疲れているから休養をとって、それから面白そうな論文を読みあさったりメリットを色々享受できるといいな。

面白いなと思うのはSoftware Available for IEEE Computer Society Student Membersというやつで、マイクロソフトの製品が無料で使えるらしい。入会費が20ドルだった(いまキャンペーン中なのかな)ので、これはどう考えてもお得だと思う。まだWindows 7はないようだけど、Vista Businessはある。Visual Studio 2010も手に入るといいな。

仕事探しとしての学会

日本の学会でもそうだったけど、結構学会には仕事の話も流れている。アメリカの学会だと海外就職の話も当然多い。主にアメリカになるようだけど、Entry Levelの求人もちらほらあるので、海外就職の足がかりにもいいかもしれない。

これはコンピュータ関係の学会だけど、自分の興味にあわせて学会を選んでそこから仕事を探すとよいかも。

面白そうな本

電車の釣り広告で見つけた本。以前『ハーバードからの贈り物』という本を買ってみて面白かったけど、それと同じようなものを期待している。

いくつになっても人生は変えられる!「決まりきった次のステップ」とは違う一歩を踏み出したとき、すばらしいことは起きる。起業家精神とイノベーションの超エキスパートがまとめた「この世界に自分の居場所をつくるために必要なこと」。

いくつになっても人生は変えられるといいんだけどね。日本だと新卒とかチャンスを逃したら人並みの人生はほぼ終わりだからね。

ハーバードからの贈り物は軽い読み物がいくつか収められている。

あとは、色々やることが一段落したから、iPhone開発の練習をしてみようかと思う。たくさんiPhone関係の本があるけど、これが評判がいいので気になっている。Objective-Cは以前から使っているので、短期間で対応できそう。