荒らしと畳は新しいほうがよい

広告

昨日、訳のわからないコメントがついていた。

匿名 09-12-12 (土) 21:19
人のブログ荒らすのいい加減に止めろ

荒らしているのは君の方だろ。。。と思うのだけど。そもそも「人のブログ」って誰のブログかちっとも書かないし「いい加減に止めろ」って意味が解らない。電波な人ということで流してもいいのだけど、思い当たる節を調べてみた。ばいおブログのことである。

ばいお「なんで俺叩かれてるんだろ?」

ばいおブログのエントリ「なんで俺叩かれてるんだろ?」のコメントが現在84付いている。件の荒らしが言う「人のブログ荒らすのいい加減に止めろ」はこれなのかな。

で、いくつか上から読んでいったら他のエントリもコメント数がかなりある。その中で「草食男子もしくは草食系男子」のコメントに

草食系男子ってピーマンの肉詰めですよね。
草食系男子ってベジタリアンでおじゃる
例:マイクル・ジャクソン

ばいお狂信者 [#-] | URL | 2009 12/04 (Fri) 22:46

No Title
○ナニートって英語下手そうだね
カタカナで書くとマイコゥ・ジャクスンかな

– [#-] | URL | 2009 12/04 (Fri) 23:00

たぶんばいお狂信者がおいらだと、この名無しは考えているらしい。なんという論理飛躍。さらに

○ナニートって英語下手そうだね
スマソ、堪忍でおじゃる(笑)

ばいお狂信者 [#-] | URL | 2009 12/05 (Sat) 10:59

おい、勝手に返事するなよ。おいらはばいお狂信者ではない。

まあ、こういう流れでこっちに飛び火してきたんだろうけど、ばいおの周りにいる人ってこんなのが多いとしたら、大変だよなと思う。

ネガティブな感情は人を幸せにしない

どこかのブログで読んだことなんだけど、嫉みの感情というのは動物の根源的なものらしい。仮に非モテの話をするのなら、小さい集落で男女10人ずついる村があるとしょう。この村の男女は単純に魅力の序列化ができるとして、上位の男は上位の女を獲得していく。場合によっては複数獲得していく。そうすると、下位の男は女を獲得できない、あるいは魅力の低い女しか獲得できない。

ここで嫉みの感情によって、上位の男を謀殺してしまえば中位あるいは下位の男にもチャンスが回ってくる。だから上位の人を嫉む感情は個人的には合理的な結果をもたらす(集落全体としては優秀な人が排除されてしまうのでよくない)。

ところが現代社会というのはとてつもなく巨大で流動的であるから、仮に非モテが1万人のモテを抹殺したとしても、まだまだたくさんのモテ男がいるわけで、結局は自分らのところには何も回ってこない。それこそカンボジアのアンカとか中国の文化大革命くらいの大虐殺をしないと効果がない(もしかすると民主党の事業仕分けはそれなのかも知れない)。しかし、そんなことをしたら国の屋台骨が揺らいでしまう。だから人を嫉むのは止めて、自己研鑽を積んだ方がいいよというのがそのブログの結論だったような気がする。

ここでは非モテを例に挙げたけど、この話はもうすこし一般的で、富とか土地とか職業とか知識とかあらゆる格差に適用できる。

で、ブログの荒らしのことだけど、つまんないことに労力を使っているなと思う。そんなことに時間を割いても自分が幸せになれるわけでもないのにね。それどころか、負の感情というのは鬱積していくとどんどん増幅されていく。今の日本はこうした負の感情がかなり渦巻いていて、どうしようもない閉塞感を感じる。日本にはガス抜きが必要だと思う。

というわけで、おいらはしばらく海外で人生を模索してくるつもりだ。

広告