JAXA廃止?

広告

毎日新聞によると日本が変わる:「独法」見直し 「埋蔵金」回収、難航も

民主党は多数の官僚OBが天下りする独法を「無駄の温床」として批判。不要事業を廃止するなど「独法のあり方は全廃を含め抜本的な見直しを行う」としている。999法人の資産と負債の差に当たる純資産は計24.4兆円で、このほとんどを政府による出資金が占めている。独法を廃止して資産と負債を整理した場合、超過資産に相当する純資産の大半は国に戻すことができる。

えと、埋蔵金の中にこの24.4兆円も当て込んでいるのですか?埋まっているお金を掘り出してくるのではなく、やっつけても世間から支持されそうな敵を見つけて略奪してくる。

なんというか、桃太郎みたいな話ですよね。見方によっては鬼に巻き上げられた財宝を、鬼を蹴散らし取り戻した英雄なんだろうけど、実は単なる簒奪者に過ぎないという。鬼には鬼の言い分があるかも知れない。

民主党の方針は富を生産するのではなく、再配分で何とかしようと言うことだと思います。何が不満かというと、その富の再配分が20年後の未来を担うはずの若者の雇用だとか、科学技術開発から金を巻き上げて、子育てとか高齢者医療とかにばらまこうという発想です。子育ても未来を作る事業なんだけど、産業が空洞化していたら無職になるだけ。経済力に見合わない子供を増やしすぎて、大卒の7割がNNT(無い内定)だとかならなきゃいいんだけど。

高齢者医療とか年金も大事だけど、ばらまき政策では日本の高度成長期に働いた人の勝ち逃げを政府が支援するようなもの。会社で言うと退職金を払うためにグループ企業を解散して、そのお金をぱーっと使いましょうみたいな発想。会社が正常に存続していれば、被雇用者の生活も保障されるし、未来に渡って稼ぎ続ける。解散すれば一時的にはたくさんのお金が生まれるけど、ゴーイングコンサーンはどこいった?金の卵を産むガチョウを絞め殺すような話だと思う。

なんせ24.4兆円全部取り替えしても、それは単年度に過ぎない。あちこちからこうした簒奪を続けて10年もてばいいのかも知れないけどね。おかげさまで晩年の生活は贅沢できました、民主党ありがたや。あとのこと?知らね。

JAXA廃止

民主党はより大胆に事業の要否を判断する方針で、ロケットの打ち上げなどを事業とする宇宙航空研究開発機構(JAXA)について「もはや必要ない」などの声も出ている。

JAXAいらねって発想だそうです。

研究機関は大学にでも吸収すればいいかも知れない。スラドに言いたいことを代弁してくれている人がいたので転載

Re:後悔なんかするもんか (スコア:5, すばらしい洞察)
Anonymous Coward : 2009年09月14日 1時08分 (#1639161)
ロケットを自国で生産し、打ち上げまで一貫して実施できる国は数えるほどしかありません。
先日の韓国のように比較的(世界全体として相対的に)技術と資金のある国であっても、外からの技術導入をしないととっかかりも出来ず、そこまで来てもうまくいかないモノなのです。
日本の場合、ペンシルロケットに始まる東大宇宙研の積み重ねがあっての自国単独打ち上げ成功、その実績を背景にしたアメリカからの技術導入と逐次の国産化、死者が出るほどの爆発事故を経てのエンジン開発、太平洋に没したロケットエンジンを拾い上げてまで行った事故分析など、そりゃもう積み重ねに積み重ねた結果によるものなのです。
また、宇宙条約によって打ち上げに伴う責任は国が負うものとされているため、たとえ三菱が生産、打ち上げ能力を有していたとしても、適切な国際的窓口となるJAXAが無くなると打ち上げは実質的に出来なくなります。
他所の国のロケットで上げてもらえばいいと言う人もいるかも知れませんが、たとえば情報収集衛星のような国家機密に関わる衛星の打ち上げを他国に任せるリスクをちゃんと理解しているのか理解に苦しみます。

「生産し打ち上げる技術と能力、ノウハウ」は、決して廃止になっても後悔しない程度のモノとは思えません。JAXAは何をやっている組織で、何をやってきたかを理解していれば、そんな言葉はまず出てこないでしょう。

Re:後悔なんかするもんか (スコア:4, すばらしい洞察)
Anonymous Coward : 2009年09月14日 2時34分 (#1639197)

一人あたりGDPが3位(1996年)から19位(2008年)まで落ちた借金大国が
今のままの形で続けていいのかどうかって話でしょ?

続けていかなければもっと高い物を諸外国から買わされるだけですよ
そういう戦略的判断ができないのが今の日本の凋落の原因じゃないんですか?

自民党もろくでもない議員が多くてダメな政党だと思ったけど、民主党はもっとひどいような気がする。頼むから、日本の将来を担うもの(若年労働力とか研究開発)とかをないがしろにするのは止めてほしい。

2 件のコメント

  • 航空産業にしても,戦後GHQによる飛行機製造禁止の空白期間のあと,YS11を完成させるまでは大変な苦労をしたそうですね。
    自分で勝手に空白期間を作るマヌケな国家でないことを祈るばかりです。

    どうも政治家や世論は,優秀な人材が自然に沸いてくると思ってるようですね。

  • 民主党内のそういう意見については誰の発言か書いていないことから大物ではないと言われていますが、まんざらないとも言えない流れですので注視しています。

    今の日本は優秀な人は文字通り捨てるほどいるから大事にはされないのかも。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください