本についての備忘録

広告

自分でオリジナルの言語を作るための本。この手の本はたくさんあるけど、教科書っぽくてあまり読みやすくないことが普通だと思う。レビューによると

本書が他書と大きく異なっている点は、x86 アーキテクチャ上で実際に動かせるコードの生成を目的にしていることでしょう。そのために、2つの章を割いてx86アーキテクチャとその上でのアセンブラプログラミングについて解説してしまっているんです。だから、本書1冊でコンパイラに関する知識とその実装方法を一通り学べてしまいます。

コンパイラに有用な理論の解説とかじゃなくて、
実装に主眼を置いた本です。

コンパイラではなくスクリプト言語の開発について。おいらはネイティブコードを出力するところはそんなに興味はないので、こっちも興味がある。

評判がいいので読んでみたい。