Google 未来のためのQ&A

広告

Googleがネットで政治家への質問を集めて5つに絞り、それを公開している。政治家はそれを読んで独自にネットで回答をするというもの。ちょっと面白そう。

  1. 子育て、教育
    これから生まれる子どもが、「日本に生まれて良かった」と思うために、また、安心して子供を産み育てることができる社会を実現するためにどんな施策を実行しますか?
  2. 年金、福祉
    誰もが、安心、納得できる年金制度をどのような形で構築していきますか。また、生活保護の問題点(不正受給、年金受給額とのねじれ等)も併せて考えを聞かせてください。
  3. 外交、経済、景気、雇用、その他
    日本で暮らす外国人の方が増えています。外国人の雇用、外国人の参政権、移民政策について考えをきかせてください。
  4. 農業、林業、漁業
    後継者不足なのに、新規参入に対する壁がものすごく厚いこれらの分野に、どのような政策を持っていますか?
  5. 政治、政治家
    インターネットを活用した選挙活動の実施に関する賛否とその理由をお聞かせください。

雇用問題が後回しです…

最初に来るのはやはり「年金、福祉」でマスなメディアとほとんど関心事項は同じようだ。本来なら福祉というのは「社会の構成員に等しくもたらされるべき幸福」だから、いわゆる「福祉」のように高齢者の医療問題だけではなくて、ちゃんと雇用とかブラック企業対策もしてくれるはずなのだが、ちょっと望み薄。

3番目にやっと「外交、経済、景気、雇用、その他」が来るけど、雇用は限りなく「その他」に近い。景気もどーでもいいという感じ。その説明が「日本で暮らす外国人の方が増えています。外国人の雇用、外国人の参政権、移民政策について考えをきかせてください」で外国人参政権のことに終始している。

勝間和代がいいこと言っていた

ほとんどの人が若者の雇用問題とか、うまく雇用されたとしてもブラックの糞企業が蔓延している問題に興味がないと思っていた。ところが、ある日TVタックルを見ていたら、勝間和代が確か若者の雇用を何とかすれば税収が増えるから、それで福祉とかしなさいと言っていたような気がする。

これ、おいらが普段言っていることそのまんまなんだけど、中には経済を大きくして、そこから費用を捻出することを考えている人もいるんだなあと思って新鮮な感じがした。

我田引水ではあるけれど、今の山積する問題で最優先にすべきことは雇用問題だと思う。雇用が安定すれば長期にわたって税収も年金も安定するし、なにより20年とか30年後の未来を豊かにすることができる。今の若年失業率がそのままスライドして、さらに非正規雇用などの不安定な職で年齢が上がると解雇も増えることから、20年後の50代の実質的な失業率が30%を越えるなんて話も別に大げさではないよ。ハロワ統計で20代前半の失業率は10%くらいあり、現実にはもっと多いはず。フリーターもいつまでもフリーターで働けるわけじゃない。

とは言っても今の企業で十分の雇用が生み出せるとは思わない。よく若者の就職難を個人の責任に押しつける人がいる(最近は自己責任論はめっきり減ったような)けど、実は企業が糞なんじゃないかって色々な人が言っていておいらもそう思う。

企業が糞だからと言って、労基署の人をうんと増やして、ブラック企業をびしばし取り締まるのもよくない。生産性が低いからブラックやっているのところも多く、びしばし取り締まったら大倒産時代が来るだろうし、難しい問題だよね。

昔、ニューディール政策でやったようにテネシー川開発公社みたいな優秀な公社を創ってそこで雇用するのは有効だと思う。おいらの親父とか、反共思想に染まっている人はそんな共産主義ダメに決まっているという。歴史上共産主義が上手くいった試しはないと。

でもなんちゃって共産主義の国はともかく、ニューディールは上手くいったんだ。企業がチキンになって金を出したがらないのなら、国家が金を出すしかないじゃないか。そこに辺に市場に任せておけば上手くいくとか言って何もしないとか、何かするにしても企業に補助金を出すとかしても現在ある大企業が延命するだけで解決にはならない。ストレートに言うと、現在の勝ち組に金を注ぐだけのことだ。

日本には国を代表する企業に育つベンチャーを生み出す土壌が現在はないし、何らかの方法で行政が引っ張っていくしかないのではないかな。日本で公社を創ると天下りの人の金食い虫になりそうな気もするし、産業を育成するのがいいのかな。

4 件のコメント

  • 20年前よりも10年前、10年前よりも3年前、3年前よりも現在、・・・
    という感じで、少数精鋭の小企業の活躍が目立っているような気がする。

    少なくとも俺の周囲ではそんな感じ。

    社員数が数人なのに平均給与が大企業の数倍以上であったりする。

    テクノロジーが発達して少人数でも大きな仕事ができるようになってきている。

    要するに富が一極集中する傾向にあるんじゃないか?

  • ニューディール政策は太平洋戦争がなければ成功しなかったのでは?という意見もあります。
    参考に。http://www.nagaitosiya.com/a/new_deal.html
    雇用をどうにかしなければならない、というのは賛成なのですが。どうなんでしょう。

  • ニューディール政策がうまくいったなんて大昔に叩き潰されたフィクションだお
    アメリカが雇用を改善し、不景気を克服したのは第二次世界大戦勃発による武器輸出と戦争による軍需物資消費ブームのおかげです。

    勝○○代のような詐欺コンサル厨のセミナーやらに企業が大金を注ぎ込むから
    雇用が減少し社員の給与も減るのでは?

    コンサル業なんてそもそもブラック企業のすくつですよ

  • 農業、林業、漁業とか、医療とか、崩壊状態の介護とか、
    そういう分野を半国営化して、ハロワに来る人に斡旋すればよいのでは?

    そして、待遇を、今の公務員よりは悪くなるのは仕方ないでしょうけれど、
    ブラック企業よりは良くする。中間搾取を無くせば、できるでしょう?

    ブラック企業なんてどんどん倒産させて、崩壊した業界も半国営化する。

    しかし、現状では、ブラック企業よりは良い待遇、なんてことは無理、
    努力不足の人間が行く場所だから強制労働と同等でよい、とか発言する輩が出る。

    本音は、労働者を安く使って自分が金持ちになりたいだけ、
    社会のことなんて全く考えてないだろ、って感じ。

    こういう思想が元凶でしょう。

    こういう思想の人間が増えれば、
    共産主義は、政府と役人による独裁主義になって失敗した、
    資本主義は、企業と資本家による独裁主義になって失敗する、
    ってことでは?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください