キセル

広告

キセル

キセル乗車というのがあるけれど、これはキセルの火皿の部分と吸い口のみが金属で、あとの部分は金属がないことから、途中に金がないものをキセルと呼んだという説がある。キセル乗車は入り口と出口のみ金を払い、途中の運賃は払わないことである。

選挙

さて、最近は選挙のマニフェストがどうのこうのとうるさいけれど、だいたい自民党も民主党も医療、年金、子育て、教育ばかり訴えている。人生を1本のレールだとしたら、人生の終盤(医療、年金)と人生の序盤(子育て、教育)ばかりに金を落とそうという話である。若くても医療が必要な人はいるけど、主に年配の人を意識して言っているはずだ。そういうわけで、次の選挙のマニフェストは「キセル」であると思う。

どういうことかというと、自民党が勝とうが、民主党が勝とうが、ニートやワーキングプア、非正規労働者とかに手が差し伸べられることは期待薄ということだろう。あいつらぜんぜん興味がなさそうだ。

しかし、モラトリアムニートはともかく、週活で全滅したニートとか、あるいはどっかのブラック企業に入って過労鬱や自殺と隣り合わせ、はたまたフルタイムで働いても年収200万円に届かないようなワーキングプアを何とかして人並みの労働ができるようにしてくれれば、所得税は払うし、健康保険も払うし、年金も払うから、それで福祉とか子育てを何とかしなさいと言いたい。

今のままの雇用情勢を放置して改善すればいいけど、たぶんしないと思う。それがあと20年も続いたら、子育て支援金を貰えるから安心して子供を生んだり子育てしてきた子供たちが、今度はニートになることになる。経済規模に見合わない人口を産めよ増やせよと煽ってもろくなことにならないのは、ルーマニアでもみればハッキリしている。

今度の選挙、どこに投票しようかなあ。ニートとしては「棄権」と書いて投票箱に入れるのが精一杯の抵抗かもしれない。どうせ声は届かないんだろうけど。

5 件のコメント

  • マシな政党がどこもありませんね。しかも政策で主張というより、いかに国民にうけるかの「ありがとうございます」とか、にこやかに握手するとか、どこのサービス業だよと言わんばかりの宣伝。うんざりします。
    もう少しニートやひきこもり、フリーターや非正規労働者に目を向けて欲しいです。

  • はじめまして。記事が興味深く、いつもおじゃましています。

    マニフェストがキセルって、思っていなかったですけど言われると「確かに!」って思います。若者が票にならないからでしょうか?(卵が先か鶏が先かという話かも知れませんが…)
    あと、個人的には例え選択肢が目くそ鼻くそレベルの差しかなくてかつ選択肢自体がそんな風に好ましいものでなくても、よりマシな投票をしようと考えています。
    白票等の意思をくみ取るつもりがあるなら、もっとマシな政治がおこなわれていると思うので。

  • 絶対数が団塊の世代と比べて少なく、係数となる投票率も低いとなると、投票総数はやはり20代は低くなる。
    候補者、政党から見れば、やはり数の多い集団向けに重点的にアピールするのが効率的。

    ニート白票キャンペーン、とかやって、潜在投票者はこれだけいるんだぞー、これを支持者にすれば次は当選できるぞー、みたいなことが出来たらいいなあ。
    少数の白票の意見をくみ上げる政治はありえないと思うけど、なんか白票多数だ、これをくみ上げればうっしし、な政治はありうるはずだから。

    まあ、そんなに影響力感じさせられるほどの白票の束を作るのは難しいんだろうけど・・・。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください