東大生は優遇されるのか?

広告

このエントリは「東大生は損か?得か?対人関係編」へのコメントです。

就職活動では優遇されるか?

自分の場合、全滅したのだけれど、大手を中心に優遇はされたと思います。まず、エントリーもしていない企業から電話でエントリーして下さいと連絡があったこともある。また、別の会社ではリクルータが接触してきて、ネットで他の人が受けているのとはまったく違うルートから選考が入ったこともある。それだけ優遇されても全滅する自分にだめっぷりにorz

ちなみに

それに対して、僕の下宿にはエントリーを誘うダイレクトメールが企業から何百通も届いていた。

山ほど案内は来るけど、そんなのは何の意味もありません。送る方も吟味して送るのではなく、それこそばらまいてきます。

就職活動はITによって人間味を失ったと思います。リクナビでクリックすればエントリーできてしまうような状況では、企業も実に機械的な選別をしてきます。結果、生き残るのは優秀な人と言うより経歴に瑕のない人になります。

昔は受ける側が資料請求をして書類を送ってというステップを経ていたので、絨毯爆撃的に受けることは困難だったそうです。結果的に志望度の高い人だけが受けに来たので、企業もじっくり選んだようです。

そのもっと前、私の両親の頃はもっと東大生は優遇されていました。研究室に来て「奨学金を出しますから、我が社に来ていただけませんか?」とスカウトされるとか。あるいは受けに行っても他の大学の学生が会議室みたいな普通の部屋で面接している中、応接室のような部屋に通されて、雑談をちょっとして「よろしくお願いします」と企業側から言われて採用決定とか。

対人関係では優遇されるか?

出会った初期の段階で、相手に興味をもってもらえる、ということだ。会話のきっかけになったりするし、相手に自分のことを覚えてもらいやすくなる。
(中略)
この事実に潜む逆の意味の恐ろしさを、数年前、肌で感じた・・・・。

東大生時代、僕は何度か合コンに参加した。いわゆる「お持ち帰り」みたいなウハウハなハプニングは残念ながらなかった。けど、少なくとも楽しい時間を過ごすことはできた。普通にコミュニケーションをとることができた。

で、卒業後。大学時代の友達に誘われて、合コンに参加した。相手は、デパート勤務の華やかな女性たち。通称、デパガだ。僕は、ためしに東大卒という学歴を隠して、参加することにした。

・・・・その夜、僕は枕を涙でぬらした・・・・
(中略)
話はそれたけど、まとめると、僕みたいなさえない男でも、東大時代は他人に興味を持ってもらえた、ということです。

つまり、他のパラメータを固定(年齢は増えているけど)して、東大という学歴だけを動かすと如実に態度が違ったということを言いたいのだろうか。ということは、東大の肩書きは有効と言うことになる。

東大はマイナスだと思う

これは以前も書いたと思うけど、大学名なんか言ったところで「ふーん、頭いいんだね」とは言ってくれるけど、それだけである。むしろマイナスに働く可能性も高い。例えばガリ勉だとか、性格悪いとか、勉強はできるけど仕事はできないとか。

それに、黙っていても何となくわかるらしいorz