1000万ドルの賞金付き、世界を変えるアイディア募集@Google

広告

Google10周年プロジェクト、世界を変えるアイディアに1000万ドル

マイコミジャーナルによると「Google10周年プロジェクト、世界を変えるアイディアに1000万ドル」というのが出ています。

だれもが日々の生活の中で問題や不満を感じており、アイディアのきっかけはどこにでもある。これは企業や教育機関などに限らず、あらゆる人からすばらしいソリューションのアイディアがもたらされることを意味する。それを実現に結びつけるのがProject 10^100だ。コミュニティ、オポチューニティ、エネルギー、環境、ヘルス、教育、シェルター、その他など8カテゴリーが用意されているが、これらはアイディアを限定するものではなく、Googleは制限にしばられない自由な提案を求めている。

お互いに他人のふんどしで相撲を取る

アイディアがあっても実行力がない(多くの個人)者と、実行力はあるがネタ不足のGoogleが手を取るプロジェクトという意味では面白いと思います。賞金が1,000万ドルだけれど、

最初の審査はGoogleのスタッフが行い、2009年1月27日に上位100のアイディアが発表される。さらに一般の意見も取り入れて20のセミファイナリストが選ばれ、最終的にアドバイザリーボードが基金を提供する5つのアイディアを決定する。

最終的に5つ残るので平均200万ドルくらいになるか。それでも宝くじ並なので、是非色々やってみたいものです。

追記・訂正

このプロジェクトは「最終的に選出された事業には、実現資金として合計1000万ドルを提供」なので、提案者が貰える訳じゃないようです。なあんだ。しかしながら、今の時期にこういうプロジェクトに携われるだけでも将来にプラスだろうからチャレンジする価値はありそう。

広告