国語力の正体

広告

前も似たようなことを書いたような気がするけど、国語力とはいったい何だろうか。帰国子女とかを除けば、受験では同じような年齢の、同じくらいの年月日本語を喋ったり読んだり書いたりしているのに、試験をすれば差がついてしまう。しかも、偶然ではなくできる人はいつでもできる。

国語の成績のいい奴に秘訣を聞いても「簡単だよ、問題を素直な気持ちで読んで、聞かれていることに答えればいいんだ」と訳のわからないアドバイスをされる。長島がバッティングの秘訣を「飛んできた玉をバットに当てればいいんだ」というのに似ている。

国1の文章問題

いろんなジャンルの問題があるのだけど、やはり自分の専門に近い文章は楽に理解できる。迷うことなく解答がわかる。しかし、専門外の文章を読むとかなり苦労する。率直なところ、間違い探しに近い。選択肢の中の文言が本文に含まれているか見比べることになる。正答にたどり着くことはできるんだけど、読み慣れている文章ほどすんなりは解けない。

そういうわけで、社会学とか自分とは縁の遠い分野の文章にも慣れておきたい。で、だいぶ前に朝まで生テレビとかで渋い声の東大教授がいるから授業に潜ったことがあるんだけど、話を聞いてから本を読むと授業の復習だからよく理解できる。

広告