なぜDQNはモテるのか?

広告

暴走族に入る理由の上位は「モテるから」らしい

2chなどで「珍走団」と言われる暴走族ですが、何であんな痛い団体に入っていく若者が多いのかというと、かなり上位に来る動機としてモテるからがあるそうです。

暴走族で頭角を現すとヤクザにバージョンアップできることもあるようですが、ヤクザも鉄砲玉みたいな最下層でない限りは「金」・「女」・「力」と言ったものに不自由しないようになっています。某グラビア女優がヤクザの「情婦」と警察内部で扱っていたという情報もあり、普通に生きていたら絶対に縁のない美女もヤクザなら情婦にできる可能性があります。

結局人間も動物の一種で本能には逆らえない

人間は理性の生き物と言われるけれど、ほとんどの人は理性では本能は抑制できません。自分もできていないと思います。恋愛においては最も強く本能の命令が働くと言えるでしょう。本能でどういう人に魅力を感じるのでしょうか。

女性は強い男を求める傾向がある

動物において優位に立てるのは強い雄です。しかし、現代社会においては直接的な殴る・蹴るが魅力につながるとは限りません。DQNは沸点が低く、すぐに手が出る傾向にあるようですが。

大事なのは総合的な男女間の自信にあるように思います。通常の「いい男」とされる人々は自信に満ちあふれています。大金持ちだったり、イケメンだったり、オリンピックのメダリストだったりすると自信は揺るぎないものを持っています。こういう人は女性に対して卑屈にならずに接することができます。「俺と付き合わないなんて、おまえ人生損しているよ」くらいに強気だと違うんでしょうね。

さて、相手が誰もがひれ伏すような絶世の美女だと普通の男は「どーせ俺なんか相手されるわけがない」という態度になります。そういう女性と知り合うチャンスがあったところで、立場が圧倒的に女性側が上なので、男は格下と見なされて相手されないことになります。ミス東大なんかが目の前に現れたら何一つ勝てる要素が見つからないと思っちゃったりしませんか?

しかしDQNは恥や外聞はありません。怖いモノ知らずであるが故に尊大な態度を取ります。これは相対的な立場の上下において大変有利です。つまり、DQNは格別優れた男でなくても、根拠のない自信と尊大な態度によりモテる率が上がるのです。

ニートのための恋愛学

ニートは自分の現状に悲観しきっている傾向があります。自分もそうですね。そういう人がモテるようになるのは非常に難しい。

喪でなく、ほどほどに大学時代に青春を謳歌した人でも、ニートになって同窓会に出づらくなってきて、なおかつ恥や外聞を持ち合わせていると喪に転落します。「○○くん、いまどんな仕事しているの?」と聞かれて引きつった顔で「ニートなんだ」と答えれば、学生時代ほのかな恋心を寄せていたあの子も急に関心を失うことでしょう。

もし、ニートでまだ人並みに恋愛したいと思うのならば、根拠ない自信を漲らせておくのが得策だと思います。「何で東大を出てニートしているかって?刺激のない人生なんかクソ食らえだと思わない?」みたいに言ってみるとか。我ながら無理のある言い訳ですね。誰か上手いニートの免罪符をご存じありませんか?