人の命は地球より重い

広告

出頭のカルデロンさん父を強制収容 母は仮放免延長

不人情

父親が不法入国したので、法務省が悪質だと言って強制退去させるらしい。娘は「のり子」という日本人っぽい名前で日本語しか喋れないそうだ。で、あちこちで不人情だと言っている。

しかし、日本って不人情の国じゃないのか。労働者の派遣切りにしても、人間に対する情を欠いている。ある決定をした結果、ある人が不幸になると分かり切っていてもまったく躊躇しない。企業だって内部留保いくらため込んできたんだよと。例えばトヨタは去年まで2兆円の利益があったらしいし、F1やると500億円くらい使うんだっけ?あれを給料に回せば何人の雇用が維持できるのかと。しかし、他人の生活よりも大事なことが企業にはあるらしい。

そういえば、1977年の日本赤軍によるハイジャック事件で、犯行グループが高額の身代金と日本で服役中の過激派や爆弾魔などを解放するよう要求した事件があった。そのとき、当時の福田赳夫首相が「人の命は地球より重い」と言って超法規的措置を取って、世界中から「なにやってんだ」と言われたことがあった。傍から見たらテロリストに屈したのかも知れないけど、昔の日本にはこうした人情があったのだなと、今になっては不思議な感覚。

福田首相というと福田康夫を想像してしまうけど、親父はすごかった。経歴もすごいけどね。