アメックスパワー

広告

世の中のサービスは金持ち優遇になっていると思う。前回、ワーキングプアから小額ずつ複数回に渡ってお金を取るビジネスの話をしたけれど、その反対の話。金持ちは基本的にケチだから、なかなかお金を出さない。そういうわけで、金持ち向けサービスは色々とメリットが多くなっている。つまり支払った会費以上にリターンがある。

今回はマリオットホテルで使える100ドルのクーポンがあったので使ってみた。

Istanbul Marriott Hotel Asia

ネットで宿泊費を調べてみたのだけど、マリオットホテルは大抵高い。たまに安いマリオットホテルもあるのだけど、このクーポンが使えるのはMarriottかRenaissanceブランドでないといけない。Courtyardとか系列のホテルはダメらしい。

パリで探すと600ユーロを超えるようなホテルがぞろぞろ出てくる。仕方がないのでイスタンブールで探してみたところ、99ユーロで泊まれるので使ってみることにした。クーポンを使うためには2泊以上しないといけない。1ユーロ116円として、2泊で22,968円。ここから100ドルを引くと13,968円で、1泊あたり約7,000円である。まあ、このくらいならいいかと思って予約。

で、着いてみたらこんなホテル

エントランス

_dsc0345

なんか場違いなところに来てしまった感じが強い。少し前までユースホステルを渡り歩いていたのに、いきなりこんなのです。しかも入ったときにテレビカメラが来ていて取材しているし。

部屋

_dsc0289

部屋は16階で、一つ上からはエグゼクティブフロアだから、結構いいところを回してもらったような感じ。ベッドに枕が3つあり、実際に一人で寝るには広過ぎる。両脇に美女をはべらせて寝るような部屋で、一人で使ったのが勿体ない。もっとも、一緒に泊まるような人なんかいないんですけどね。

椅子と机

_dsc0290

椅子で寝ることも考えると4人は寝られそう。机もなんかがっしりしていて、ここでビジネス(笑)するとデキる男(笑)を演出して酔いしれることができそうです。

_dsc0291

バスルームが奥に見える

_dsc0293

扉を閉めることができるけど、バスルームから部屋を見ることができる。

洗面所

_dsc0287

シンプルな洗面所。トルコはどういうわけかビデがついているのが普通らしい。

お風呂

_dsc0286

まあまあの広さがある。安い宿ばかりだとシャワーがあれば御の字で、清潔感のない共同シャワーが1つあるだけというところも多く、久しぶりのバスタブでよかった。ただ、扉がガラスで、一つは閉まらないため寒かった。

夜景

_dsc0348

ガラスに反射してうまく撮れなかったけど、イスタンブールの夜景。あまり素敵な感じではないけど、見晴らしはいい。

スパ・フィットネスルーム

_dsc0349

他にもプールとか、ボールルーム(なんだろ?)とか、色々あって、利用は無料らしい。街を散策していたので時間がなくて結局利用しなかった。

ビジネスルーム

_dsc0353

ネットとか印刷が有料で使える。金持ちは気にしないのかも知れないけど、ネットとか必要性の高いものが有料だったりして、その辺はよくないと思った。普通のビジネスホテルだと大抵は無料で使える。

その他

_dsc0300

レートが酷い。1トルコリラ(YTL)はだいたい55円だけど、このレートだと1YTL = 100円になってしまう。ドルやユーロはそこまでひどくはないけれど、ホテルのレートなので有利とは言えない。

さて、支払い総額はいくらかというと、実際には99ユーロに8%の税金が乗り、これをホテルのレートでトルコリラに変換。同時に100ドルをトルコリラに変換して引き算をした。7,000円くらいと思ったけれど、実際には8,500円くらいになってしまった。だいぶ高くついた。ドルとユーロの両方で割高なホテルのレートを適用するのはインチキだと思うけど、金持ちはそういうことを気にしてはいけないのだろうか。ドルのクーポンはドルで使おう。

広告